夜逃げでチェンマイ

夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第1回 極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第2回 写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第3回 一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第4回 すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第5回 バーンロムサイで「だるまさんが転〜んだ!」
2009-09-10-THU
第6回 家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第7回 日本の暮らしに「???」@
2009-09-17-MON
第8回 日本の暮らしに「???」A
2009-09-21-MON
第9回 日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第10回 最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第11回 2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第12回 第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第13回 「いのち」というテーマ @
2009-10-08-THU
第14回 「いのち」というテーマ A
2009-10-12-MON
第15回 名取美和さんとの出会い @
2009-10-15-THU
第16回 名取美和さんとの出会い A
2009-10-19-MON
第17回 アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第18回 講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第19回 「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第20回 アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第21回 “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第22回 チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第23回 一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第24回 家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第25回 娘の英会話スクール、
           費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第26回 ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第27回 怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第28回 一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第29回 働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第30回 蝦夷で暮らすも一生、江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第31回 番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第32回 強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第33回 夜ごとの荷造り珍騒動@
2010-05-14-FRI
第34回 夜ごとの荷造り珍騒動A
2010-05-21-THU
第35回 TVディレクターに「お掃除おねがい!」
2010-05-27-THU
第36回 ついに「夜逃げでチェンマイ」
2010-06-03-THU

雑誌の仕事でアフガニスタンに1ヶ月近く行った奥野さん。
無事に戻ってくるか家族は心配していたのに、この笑顔…。

2002年4月、バーンロムサイ訪問のタイ旅行から帰国し、
私たちはまた忙しい日常に舞い戻っていました。
チェンマイのことがどこかで気になりつつも、
目の前の仕事をこなしていかなければなりません。
奥野さんは雑誌の取材撮影などで
短いときは数日、長いときは1ヶ月ほど
留守にすることがありました。
私は雑誌「アエラ」の「現代の肖像」やベンチャー企業の
経営者を取材する仕事などでかけずりまわる日々。

娘の藍海(Ami)は4月から小学校3年生。
息子の光(Koh)は4月から保育園の3歳児クラス。
朝8時前に子ども2人を送り出した後、
「ヨーイドン!」でワーキングマザーの1日が始まります。
撮影取材に出たら何日も戻らない奥野さんは
正直言ってほとんどあてにできません。
私自身、仕事でミーティングや取材のあるときは
横浜市の自宅から都内までの移動時間を考えると、
午前10時から午後4時までが仕事の勝負。
仕事が終わったら放課後、学童保育でお世話になる娘と
延長保育を頼んでいる息子を遅くとも午後6時には
迎えにいかなければなりません。

4時すぎに都内から地下鉄と田園都市線に乗りついで、
最寄り駅まで戻り、大急ぎで夕飯の買い物をすませて
駅の駐車場にとめてある車で保育園まで急行。
「お迎え、遅くなってすみませ〜ん!」
保育園の先生方に頭を下げ、息子の手を引いて
車に乗り込むと次は自宅近くの学童保育室へ。
「お迎え、遅くなってすみませ〜ん!」
またまた学童保育の指導員の先生に頭を下げる。
お迎えの遅刻常習、「ごめんなさい」常習のダメ母です。
こういうときは遠い親戚より近くの友人。
家族ぐるみで仲の良かったKファミリーや
Yファミリーには都内から携帯に「SOS」して
何度助けてもらったことか…。
「直子さーん、私、取材が長引いて帰宅が6時半になりそう。
とっても子どもたちのお迎えに間に合わないよー!
二人のお迎え、お願いしてもいい?」
「まかしといて! ついでに夕飯も食べさせとくよ〜」
こういう親切な友人たちに支えられながら
なんとか仕事と子育てがようやくまわる毎日でした。

雑誌の仕事で私の方に泊まりの地方取材があるときは
2週間前に奥野さんとスケジュールを調整し合って
彼に家事と子どもたちのことはすべてお願いする。
ただ大黒柱はとりあえず奥野さんですから、
彼のスケジュールの方が最優先。
奥野さんが地方や海外取材で留守中に
娘か息子が熱でも出した日にはもうアウトです!
仕事先に頭を下げて予定を変えてもらうか、
ご近所の友人宅に熱のある息子を託して
大急ぎで仕事を切り上げて帰ってくる。
体調の悪い子どもを預けなければならない現実は
いくらダメ母とはいえ、いたたまれない思いでした。
共働き夫婦で小さい子どもがいる日本の家庭は
大方こんな調子でしょうが、遠い実家に頼れない上、
職業柄、不定期な動きの私たちは
まさに綱渡りの毎日でした。
そんな中で写真絵本「ガジュマルの木の下で」の
企画&編集作業も進めていたのです。

でもどんなにかけずり回っていても
仕事をやめたいとは思いませんでした。
ノンフィクションライターという職業に
固執するつもりは全くありませんでしたが、
「書く」ことは自分を表現する世界でしたし、
いい仕事を残したいという思いも強かった。
ただ「忙しい」とはまさに「心を亡くす」…。
忙しすぎて自分の中のクリエイティブな感覚や
小さなものにも心を動かす感性が摩耗していくようで、
なんだか泣きたくなることが何度もありました。
これはものを表現する人間にはまずいことです。
一方、大黒柱の奥野さんは奥野さんで
仕事への焦りと疑問を多いに感じていたようです…。

(この続き は9月21日(月)の第8回で!
「夜逃げでチェンマイ」は週2回、月曜日と
木曜日にアップされます。)