夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第1回 極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第2回 写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第3回 一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第4回 すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第5回 バーンロムサイで「だるまさんが転〜んだ!」
2009-09-10-THU
第6回 家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第7回 日本の暮らしに「???」@
2009-09-17-THU
第8回 日本の暮らしに「???」A
2009-09-21-MON
第9回 日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第10回 最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第11回 2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第12回 第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第13回 「いのち」というテーマ @
2009-10-08-THU
第14回 「いのち」というテーマ A
2009-10-12-MON
第15回 名取美和さんとの出会い @
2009-10-15-THU
第16回 名取美和さんとの出会い A
2009-10-19-MON
第17回 アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第18回 講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第19回 「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第20回 アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第21回 “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第22回 チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第23回 一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第24回 家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第25回 娘の英会話スクール、
           費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第26回 ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第27回 怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第28回 一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第29回 働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第30回 蝦夷で暮らすも一生、江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第31回 番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第32回 強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第33回 夜ごとの荷造り珍騒動@
2010-05-14-FRI
第34回 夜ごとの荷造り珍騒動A
2010-05-21-THU
第35回 TVディレクターに「お掃除おねがい!」
2010-05-27-THU
第36回 ついに「夜逃げでチェンマイ」
2010-06-03-THU

アユタヤ様式を取り入れた広いテラスのある
タイの友人の家。物語のありそうな家です。

2002年3月の終わり、私たち家族は
チェンマイ郊外にあるHIVの子どもたちの“家”
バーンロムサイを訪れていました。
私たちがチェンマイに移り住むのは、
それから2年半後の2004年10月。
ただ、振り返ってみると2002年のころすでに
奥野さんも私もチェンマイという土地に
どこか引かれ始めていたように思います。

でも、なにゆえチェンマイ…?
そのことを改めて考えてみると、
やはり名取美和さんの存在をはずせません。
バーンロムサイ代表の美和さんにはその生き方や
暮らしぶりにとてもいい刺激を受けていました。
とくに住環境に対する彼女のこだわりに
私はそれなりの影響を受けた気がします。

美和さんは2002年当時、バーンロムサイの敷地内で
高床式の古いタイ風の家に住んでいました。
玄関の階段を上がるとウッドテラスが広がり、
白いパラソルとテーブルのあるそのテラスを挟んで
右手にキッチンと彼女の仕事部屋。
左手にオープンエアーのリビングスペースと
奥には広々としたベッドルーム。
窓を明けるとその向こうは一面、緑の木々。
南国風の穏やかで素朴なたたずまいを
見せる古い木造の一軒家。
住まいが醸し出す雰囲気はもちろん
住人、美和さんの自然体な生き方や
センスのよさによるところは大きいのです。
ただその古いけれど素敵な家が
日本では考えられないほどの家賃だと
聞いて私は愕然としました。

そしてふと心に思ったのです。
「美和さんの家は特別だろうけれど、
チェンマイでもし、もしもよ…、
一軒家を借りたりするとどれくらいの家賃で
どんな家が借りられるんだろう?」
いったん何か気になり始めたら、
放っておけない困った性分…。
まったく興味本位だったのですが、
宿泊先のゲストハウスのオーナーの紹介で
ついに一軒、家を見にいくことにしたのです。

その家はムバーン(一戸建て専用の集合住宅地)の
中に建てられた家族向けの一軒家でした。
場所はチェンマイの南、約10キロほどの郊外。
新築2階建てで1階に20畳ほどの
リビングダイニング、キッチン、バスルーム。
2階には8畳ほどのベッドルームが3室と
バスルームが2つ。すべて木製の家具付きです。
2階の窓からは田園風景と緑の山々が見渡せ、
1階にはテラスがあり、芝生の敷き詰められた庭は
ガーデンパーティーができるほど十分に広い。
これで1ヶ月の家賃が約75,000円!
田園都市線沿線の横浜市で2倍以上の家賃を払い、
その半分以下の広さのテラスハウスに暮らしていた私は、
チェンマイの住宅事情に改めてびっくり!

ただし、その家に私はちっとも魅力を感じませんでした。
コンクリートの白壁、大きなタイルを張った床、
サッシの窓、テカテカした木の家具…。
よくある日本のハウスメーカーのテレビCM。
こぎれいなモデルハウスと幸せそうな家族のシーン…。
そういうCMにちょっと似合いそうな家でした。
それからムバーン(集合住宅地)というのが
私にはどうも気に入らない。
ムバーンの入り口には守衛が待機して安全管理は万全。
住人向けのきれいなプールとテニスコートもある。
日本の住宅事情に比べれば雲泥の差です。
確かに安全で便利かもしれないけれど、
こういう管理の行き届いたところに暮らすのは、
自分たちの生き方に合わない。
「全然、違う。何か、が違う…」
家の中を見回しながら独りごとを言う私の隣で、
奥野さんがポツンとこう言ったのです。
「こういう家じゃ、“物語”は何にも始まらない」
そのひとことが、いきなり私の腑に落ちました。
「奥ちゃん、そうだよね!
そう、こういう環境では私たち家族の
“新しい物語”は始まらないよね」
思えば、「夜逃げでチェンマイ」の序章は、
このときの「なんとなく家さがし」あたりから
始まっていたのかもしれません。

(この続きは9月17日(木)の第7回で!
「夜逃げでチェンマイ」は週2回、月曜日と
木曜日にアップされます。)