夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第1回 極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第2回 写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第3回 一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第4回 すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第5回 バーンロムサイで「だるまさんが転〜んだ!」
2009-09-10-THU
第6回 家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第7回 日本の暮らしに「???」@
2009-09-17-THU
第8回 日本の暮らしに「???」A
2009-09-21-MON
第9回 日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第10回 最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第11回 2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第12回 第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第13回 「いのち」というテーマ @
2009-10-08-THU
第14回 「いのち」というテーマ A
2009-10-12-MON
第15回 名取美和さんとの出会い @
2009-10-15-THU
第16回 名取美和さんとの出会い A
2009-10-19-MON
第17回 アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第18回 講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第19回 「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第20回 アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第21回 “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第23回 一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第24回 家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第25回 娘の英会話スクール、
           費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第26回 ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第27回 怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第28回 一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第29回 働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第30回 蝦夷で暮らすも一生、江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第31回 番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第32回 強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第33回 夜ごとの荷造り珍騒動@
2010-05-14-FRI
第34回 夜ごとの荷造り珍騒動A
2010-05-21-THU
第35回 TVディレクターに「お掃除おねがい!」
2010-05-27-THU
第36回 ついに「夜逃げでチェンマイ」
2010-06-03-THU

バーンロムサイの子どもたちも今は随分成長した

2002年3月25日、飛行機に乗り遅れ、
すったもんだの末に無事バンコク入りした家族4人。
翌日、私たち親子は北タイの古都チェンマイに向かいました。
チェンマイ郊外にあるHIV感染児たちの施設
「バーンロムサイ」を訪ねるためです。
近くのゲストハウスに1週間ほど滞在しながら毎日、
バーンロムサイに通って子どもたちといっしょに遊び、
定番のチェンマイ観光はいっさいなし。
そんなちょっとユニークな家族の休暇でした。

「家族の休暇」とはいうものの、実はそれは名ばかりで、
この家族旅行の第一の目的は写真撮影と取材でした。
というのは、年内に岩波書店からバーンロムサイの写真絵本
「ガジュマルの木の下で」を出版することがすでに決まっていて、
その制作のために追加の写真撮影と代表名取美和さんの
取材が必要だったからです。
しかしこの出版プロジェクトには余分な予算はなく、
取材費用は著者の持ち出し。
「それならいっそのこと、家族旅行と取材をかねて
家族全員でバーンロムサイに行ってしまえー!」と。
我が家では娘と息子はこうして小さいときから、
たまに両親の取材につきあわされています。
これも写真家&映像作家とノンフィクションライターなどという
フツーでない職業の両親をもった彼らの宿命。
「家族は運命共同体よ! でもその分、フツーじゃ到底できない
貴重な体験もう〜んとさせてあげるから、ねっ!」などと、
母親の口車に乗せられてついてくるわけです。

ただ仕事とは別次元で、親として実は娘と息子にバーンロムサイの
子どもたちと友達になってほしいという思いも強くありました。
当時、まだ2歳だった息子は無理だとしても、
9歳だった娘には国籍、文化、宗教、肌の色の違い、
ハンディキャップのあるなしにかかわらず、
誰とでも友達になれる子に育ってほしいと。
バーンロムサイの子どもたちは「HIV」というだけで
学校から受け入れを拒否されたり、村の人々から偏見の目で見られたり、
辛い思いをしていましたから。
今はバーンロムサイをとりまく状況も
タイの社会状況も随分変わりましたが、
代表の名取美和さんやスタッフが社会の偏見と闘うのに
本当に苦労されていたのをよく覚えています。
そんなこともあり親らしく言えば、教育的な意味もあって
娘と息子をバーンロムサイにつれてきたのでした。

とはいえ、HIVのことなど9歳の娘、藍海(Ami)にはチンプンカンプン。
彼女にはバーンロムサイの子どもたちの“お母さん”である
名取美和さんからHIVについての説明と
いっしょに遊ぶときのルールを教えてもらいました。
「バーンロムサイの子どもたちがケガして血が出たら、
傷口を触ったりしないですぐに近くにいる
大人の人たちを呼べばいいんだよね。
HIVって簡単に移ったりする病気じゃないんだって」
Amiは美和さんの話をまっすぐに受けとめたようです。

最初は初対面の子どもたちに戸惑っていた彼女ですが、
同級生の女の子テンモーやアームたちが気軽に
話しかけてくれたおかげで、初日からすぐに打ち解けていきました。
息子の光(Koh)は当時5歳だったガキ大将タンに
追いかけまわされて、半べそ状態でしたが、
気がつけば年上のお兄ちゃんナットやスラチャイが面倒をみてくれて
いつの間にか少年たちとダンゴ状になって遊び始めました。
9歳のAmiは彼女なりに状況を理解しているけれど、
2歳のKohは何もわかっていません。
その時の私は、Kohの動きが気になって仕方ありませんでした。
転んでケガをしないか…。
ケンカで取っ組み合いになって、噛みつき合ったりしないか…。
万が一でHIV感染という可能性はないのか…。
「そんなことでは移らない」と頭では分かっているのに、
ダメ母の本能から幼い息子の動きが
視野に入っていないとどうにも落ち着かない。
そのことを美和さんに正直に話すと一笑されてしまいました。
「何言ってんの、佐保さ〜ん。
ケンカしてもいいじゃない。それが自然な子どもの姿なんだから。
HIVなんてそんなに簡単に移らないのよ」
七転八倒しながら大勢の子どもたちを育てている
美和さんの言葉は私の心に一喝。
「それが自然な子どもの姿なんだから」
彼女のこのひとことは“目から鱗”でありました。

はじけるような歓声で庭に目をやると
バーンロムサイの子どもたちと娘のAmiがいっしょに
鬼ごっこに夢中でした。
ラムヤイの木々の間を走り抜け、
腕をつかみ合っては大声で笑い、また走り出す。
鬼ごっこが一息ついたところで、私も遊びに合流。
日本の遊び「ダルマさんが転んだ」を身振り手振りで
子どもたちに説明すると、嬉しそうに
男の子も女の子も「ルーチャック!(知ってるよ〜)」。
日本人ボランティアの人たちが以前、
教えてくれたのだそうです。
まずは私が鬼になって「ダルマさんが転〜んだ!」。
サッと後ろを振り向くと、
バーンロムサイの子どもたちも娘のAmiも見事に静止。
その緊張感がおかしいらしく、一人また一人と吹き出してしまう。
笑いがもとでついにバランスを壊した子がアウトー!
年少の子どもたちや息子のKohもおもしろがって参加します。
「ダルマさんが転〜んだ!」
ダメ母の大声と子どもたちの笑い声が穏やかな光の中、
緑の庭に響きわたっていきます。
彼らの笑顔はHIVという厳しい現実を
忘れさせるほど美しく輝いていました。
「やっぱり家族みんなでバーンロムサイに来てよかった…」
童心に戻って子どもたちと遊びながら、
ダメ母は一人、そう思っていたのでありました。
ただその2年半後にまさか自分たち自身が、
バーンロムサイのあるチェンマイに
移り住むことになろうなどとは…。

(この続きは9月14日(月)の第6回をお楽しみに!
「夜逃げでチェンマイ」は週2回、月曜日と木曜日に更新です)