夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第1回 極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第2回 写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第3回 一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第4回 すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第5回 バーンロムサイで「だるまさんが転〜んだ!」
2009-09-10-THU
第6回 家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第7回 日本の暮らしに「???」@
2009-09-17-THU
第8回 日本の暮らしに「???」A
2009-09-21-MON
第9回 日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第10回 最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第11回 2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第12回 第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第13回 「いのち」というテーマ @
2009-10-08-THU
第14回 「いのち」というテーマ A
2009-10-12-MON
第15回 名取美和さんとの出会い @
2009-10-15-THU
第16回 名取美和さんとの出会い A
2009-10-19-MON
第17回 アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第18回 講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第19回 「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第20回 アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第21回 “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第22回 チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第23回 一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第24回 家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第25回 娘の英会話スクール、
           費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第26回 ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第27回 怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第28回 一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第29回 働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第30回 蝦夷で暮らすも一生、江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第31回 番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第32回 強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第33回 夜ごとの荷造り珍騒動@
2010-05-14-FRI
第34回 夜ごとの荷造り珍騒動A
2010-05-21-THU
第35回 TVディレクターに「お掃除おねがい!」
2010-05-27-THU
第36回 ついに「夜逃げでチェンマイ」
2010-06-03-THU

あー、飛行機が行ってしまうー!

「えーっ、飛行機の出発時間まであと45分!
もう間に合わないよぉー!」
私は、思わず顔面蒼白…。
それは2002年3月25日、家族で初めてタイを訪れるため、
奥野さんの運転する車で成田空港に向かう途中のことでした。
後部座席のチャイルドシートでは当時、
2歳半の息子がモグモグとバナナを頬張っていた…。
なぜかそれは鮮明に覚えています。
私は原稿の締め切りにおわれ、徹夜仕事の末に自宅を出発。
車中でつい眠り込み、成田空港検問所のはるか手前で
目が覚めたところでした。
そういえば自宅を出るとき、朦朧とした頭で
奥野さんから受け取った旅行代理店からの未開封の封筒が…。
ちょっと気になって開封したら、これが大変!
「出発のご案内」に書かれている出発時間が
奥野さんから聞いた時間より2時間も早いではないですか!

「奥ちゃん、出発時間が違うよ! どういうこと!?」
バックシートから声を荒げて詰め寄る私。
「えー、おかしいなあ…。
申し込んだときの時間と違うなんて…。
もしかして変更になったのかなあ…」
“極楽トンボ”の奥野さんも、このときばかりは不安げな声。
「旅行代理店からの大事な手紙なのに
なぜ事前に開封しなかったの!
あと45分じゃ、どう考えたって間に合わない!」
私は焦りを通り越して怒り心頭。
「そんなこと言われたって、仕事で忙しかったし…。
ミエコだって自分で確認すればいいだろう!
ボクのせいにするな! 家族の問題は連帯責任だ!」
訳のわからない弁解が始まります。

「ねえ、お父さんもお母さんもケンカやめて…。
せっかくみんなでタイに行くのに…」
9歳の娘のひとことで、思わず我に返る私たち。
チャイルドシートの息子は相変わらず、口モグ状態。
そうだ、車中で夫婦喧嘩している場合ではない。
万が一ということだってあるかも。
とにかく今は先を急げー!

目指す長期利用の駐車場に到着し、慌てて車を乗り入れると、
なんと空港行きの送迎バスが今にも出発しそうに…。
私は思わず車を飛び降りて、バスの前に立ちはだかり
運転手に必死で両手を振って大声で叫んでいました。
「スイマセーン! 私たちも乗せてー。お願いしまーす!」
停車したバスに子連れで飛び乗り、肩で息をしていると
運転手が怪訝そうな顔で尋ねてきます。
「お客さん、出発時間までどれくらいなの?」
「えっ、えーと実はその…、30分しかないんです…」
「えーっ、いくらなんでもそりゃ無理だあ。
おまけに今日は春休みで渋滞してるからねえ」
運転手のおじさんもさすがに呆れ顔。
大勢の乗客の冷ややかな視線も感じます…。
「でも、でも出発が遅れるってことだってあるでしょ。
とにかく急いでください。なんとかお願いします!」
勝手にバスを止めておいて、まったくわがままな乗客です。

空港に着いたのは結局、出発時間の10分前でした。
それでもあきらめない奥野さん。
「ミエコ、カウンターに走れー!
ボクが荷物全部とあみを連れて行くから、
心配するなー。急げー!」
奥野さんに命令され、私は息子をラグビーボールのように
左の脇にしっかり抱え込み、
右肩から重いショルダーバッグを引っさげて
カウンターにダッシュ。
こういうとき、母はじつにたくましい!
しかし残念ながら、奇跡は…、やはり起こりませんでした。
「お客様、申し訳ございませんが
この便はそろそろ離陸体制に入りますので…」
地上スタッフの説明に呆然と立ち尽くす3人家族+1人。
親子揃ってよほど情けない顔をしていたのでしょう。
タイ航空の地上スタッフも同情顔です。
あぁ、今夜はもう成田でホテル泊まり。
でも果たして明日、無事に飛び立てるのか…。
なにしろ春休みは始まったばかり。
(さて、家族4人はこのあとどうなったか…。
この続きは9月7日(月)の第4回をお楽しみに!)

「夜逃げで、チェンマイ」は週2回、
通常、月曜日と木曜日にアップされます。