夜逃げでチェンマイ

夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第1回 極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第2回 写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第3回 一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第4回 すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第5回 バーンロムサイで「だるまさんが転〜んだ!」
2009-09-10-THU
第6回 家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第7回 日本の暮らしに「???」@
2009-09-17-THU
第8回 日本の暮らしに「???」A
2009-09-21-MON
第9回 日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第10回 最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第11回 2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第12回 第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第13回 「いのち」というテーマ @
2009-10-08-THU
第14回 「いのち」というテーマ A
2009-10-12-MON
第15回 名取美和さんとの出会い @
2009-10-15-THU
第16回 名取美和さんとの出会い A
2009-10-19-MON
第17回 アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第18回 講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第19回 「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第20回 アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第21回 “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第22回 チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第23回 一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第24回 家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第25回 娘の英会話スクール、
           費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第26回 ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第27回 怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第28回 一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第29回 働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第30回 蝦夷で暮らすも一生、江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第31回 番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第32回 強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第33回 夜ごとの荷造り珍騒動@
2010-05-14-FRI
第34回 夜ごとの荷造り珍騒動A
2010-05-21-THU
第35回 TVディレクターに「お掃除おねがい!」
2010-05-27-THU
第36回 ついに「夜逃げでチェンマイ」
2010-06-03-THU

ロワール川流域にある中世の美しいお城、シュノンソー城。
ロワール川流域のアンジェという古い街の大学で学んだ。

誰の人生にも大きな転機ってありますよね。
自分の人生を振り返ってみると私の場合、
1980年、1990年、2000年と
区切りのいい10年ごとに大きな転機を迎えています。
これらの転機で価値観がドラスティックに変わり、
次第に自分らしい生き方が形づくられてきた…。
家族のチェンマイ移住物語 「夜逃げでチェンマイ」は、
その延長線上に出てきた新しい転機。
なにかことが動くときにはそれなりのわけがある。
いくら極楽トンボの奥野さんと私とはいえ、
家族でチェンマイ移住という話が、
自分たちの生き方や価値観と脈絡もなく
唐突に飛び出してきたわけじゃないんです。
そう考えると「夜逃げでチェンマイ」を語るには、
その伏線ともいえる私自身の転機についてふれないと
どうしても「夜逃げ」に行きつかない…。

私の最初の大きな転機は1980年、
大学4年生のときの1年間のフランス留学でした。
今のように留学エージェントなんてない時代。
当時、東京・飯田橋にあった日仏協会に足しげく通って
外国人向け語学コースのあるフランスの大学を調べ上げ、
自分自身で願書を出し、寮を探して手紙を書き、
すべて手探り、自分自身で準備したのでした。
ウェブサイトやインターネットなどない時代。
手紙のやりとりで当時は何週間もかかりました。
ただその準備プロセスが結構、楽しかった。
お決まりのパッケージコースにのっかるより、
何でも工夫して自分自身で試行錯誤する。
これがどうやら私の性に合っていたようです。

当時、私は東京・目白にある私立大学の
フランス文学科の学生でしたが、
お世辞にも勉強熱心な女子大生ではありませんでした。
九州大分の保守的な家を離れて、
自由で刺激的な学生生活にあこがれていたのに、
現実の大学生活は単調で退屈な日々ばかり。
1980年といえば田中康夫氏の小説「なんとなく、クリスタル」が
芥川賞を受賞して、ミリオンセラーになった時代。
私の場合は「なんクリ」じゃなくて、
なんとなく日本を出たかった。
要は留学というよりも、親のすねかじりの「遊学」。

フランスでは欧米人のクラスメートに劣等感を抱き、
登校拒否になったり、フランス人の友人ができたり、
ほのかな恋もし、失恋も体験し、
フランス料理やアートを味わい、
一人旅でフランスやスペインの歴史を感じ…。
1年間の自由な異文化体験は私の好奇心を
十分すぎるほど満足させてくれるものでした。
でもそれ以上に私が影響を受けたのは精神性。
なにしろ個人主義と論理性重視の国、フランスです。
何事も白か黒か、好きか嫌いかを毎回問われ、
その理由もはっきり聞いてくるお国柄。
「どちらでもない」「どちらでもいい」という
中庸はほとんど認めてくれません。
20歳そこそこの私にはこの個人を尊重する
明確な国民性がすんなりフィットしたのです。
もともと群れをなすのが苦手で単独行動が好き。
はっきりもの言うマイペース派の人ではありました。
フランス遊学がそれに拍車をかける結果に…。

1年後、帰国したとき大学の同級生たちから言われました。
「ミエコは自分の意見をはっきり言い過ぎる。
性格がきつくなった」と。
おまけに帰国したのが大学4年生の8月末。
同級生はみんな血相変えて就職活動に夢中です。
紺色かグレーの「リクルートルック」という
センスの悪い“ユニフォーム”を着て、
会社訪問と面接を繰り返しています。
でも彼らの顔は決して幸せそうではありませんでした。
まるでベルトコンベヤーに乗る回転寿しみたいに
みんな同じ方を向いて機械的に動いている。
そして「内定」というヤツが決まると、
回転寿司学生はベルトコンベヤーからおろされて
ひとまず将来の安定が約束される。
私にはその集団行動がどうも理解できなかった。

「日本の社会システムだから仕方がないでしょ」
「みんなと同じことをやらないと取り残されちゃうよ」
「今はいろいろ疑問をもつより、いい企業に就職することが先決」
同級生はみんな “回転寿し症候群”を
こう正統化してせっせと就職活動に励みます。
私はそんな環境にますます違和感を抱くばかり。
なんだか変…。みんな周囲に同調して大事なことを忘れてる…。
自分がどんな分野でどんな仕事をしたいのか…?
自分の将来にどんなビジョンを描いているのか…?
個人の将来の夢やビジョンは二の次で、
有名企業に入ることが目的になっている。
それって本末転倒じゃない?
こうなると主流派から完全にドロップアプトです。

マスメディアに関心のあった私は結局、
まともな就職活動をしないまま、
大学の教授の勧めで出版社マガジンハウスの
「エルジャポン」編集部にフランス語の翻訳兼編集
アシスタントとして通い始めます。
その後はファッションの業界誌の編集部に3年、
プロダクションで雑誌編集の仕事を3年ほど続けて
20代の終わりでフリーランスのライターに…。
こうやって振り返ってみると私の人生って
お世辞にもお行儀がいいとはいえません。
でも1年間のフランス遊学が
そのお行儀の悪い生き方に大きく影響したのは、
どうやらまぎれもない事実みたいです。

(第2の転機は1990年、30代のとき。この続きは10月1日(木)の第11回で!「夜逃げでチェンマイ」は週2回、月曜日と木曜日にアップされます。)


佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター 学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)