夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第33回 夜ごとの荷造り珍騒動①
海外引っ越しの荷造り、荷物発送、大きな家具の処分、
必要な手続きをすべてすませるという
強行軍の1週間にいよいよ突入。

要は引っ越し業者にすべて任せればラクだったのですが、
仕事の資料が多量なため、他人任せにすると
どこに何があるのかわからなくなり、
あとで困るのは自分たち。
そこで私たちは自分の手で荷詰めをすることにしました。
娘と息子を小学校と保育園に送り出した後は、
毎日、毎日、必死で荷物の箱詰めです。
最後の1週間は、今思い出しただけでもぞっとするほど
私と奥野さんは切羽詰まっていました。
なにしろ詰めても詰めても終わらないのですから…。

奥野さんは本来写真家なので、写真集の多かったこと。
なかでも思い出深い南アフリカの写真集を詰め始めると、
作業中の彼の手がパタッととまります。
「なつかしいなあ、これ、ジョハネスバーグの
あの行きつけの書店で買った写真集だよ。
15年前のあのころは二人で南アフリカに取材に行ったけど、
今度は家族4人でタイ移住かあ…」
写真集を見ながら感慨に耽る奥野さん。
そんな彼を現実に引き戻すのが私の役。
「写真集を見ていたい気持ちはわかるけど、
私たちの残り時間は1週間ですからね。
今は手を休める時間はありませんよっ!」

書棚から本がまとまって片付いていくのが励みですが、
あまりの分量に昼食すら忘れて、
気がついたら午後3時なんてこともしばしばでした。
そうこうしていると娘と息子が帰宅。
段ボール箱と荷造り用の本やモノでとり散らかった部屋で
家族4人で夕食を食べるのはやっぱり落ち着きません…。
夕食後、当時4歳だった息子を寝かせつけると、
またパッキング作業の再開です。
小学校5年生の娘は頼りになるので、
自分のものは箱詰めさせます。
夜遅く娘と奥野さんと3人で、せっせと箱詰めをしていると、
「一家で助け合って、箱詰めの内職をしている…」
なんだか、そんな錯覚に陥ったりします。

その間、ピアノの引っ越しもあり荷詰めが中断。
娘が愛用したピアノは専門業者に頼んで、
ご近所でピアノの大好きな親友家族の家に
無事、嫁いでいってくれました。
でも狭いタウンハウスからアップライトの
ピアノを運び出すの大騒動でした。

冷蔵庫やテレビ、オーディオなど
特別な廃棄処分の必要のある家電は
区役所に事前予約しなければ受け取ってくれません。
家電の引き取り日はなんと出発前日の10月16日。
当日早朝に所定のラベルを貼って、
自宅横の歩道に並べるように言われました。
こんな雑用に結構、昼間の時間が割かれたのです。

そして毎日、朝から深夜まで荷詰めの作業を延々と繰り返す。
最後の1週間は奥野さんも私も平均睡眠時間は4~5時間。
なにしろ10年分の仕事資料と4人家族の荷物をパッキングし、
持参できない家具や車も処分するのに僅か1週間ですから、
どだいメチャクチャな話です。

10月17日に成田空港を飛び立てるのか、
私は内心、本当に不安でした…。
人間って不思議なもので、
不安、焦り、疲れがピークに達すると、
精神的に奇妙な覚醒状態に陥ることがあります。
私たちの最後の1週間がそうでした。

奥野さんと私はやらねばならない作業を前にして、
荷造りしながらなぜか笑いが出てしまうのです。
疲れきって精神が弛緩してしまったというか、
何でもないことでもヘラヘラとつい笑ってしまいます。
そして笑い出したら、なかなか止まらない。
些細なことで気が抜けたように笑い出す両親を見て、
娘は不安そうに言います。
「パパとママ、大丈夫…?
ヘラヘラ笑ってなんだか気持ち悪いよお…」

そんな切羽詰まった状況を案じた友人たちが
最後の1週間、入れ替わり立ち代わり、
引っ越し準備の助っ人に来てくれました。
保育園の親仲間のTさんは
「まともにゴハンも作る余裕がないでしょうから、
藍海ちゃんと光君にはちゃんと食べさせてあげてね」と
手づくりチラシ寿司の差し入れ持参で、
箱詰め作業に2日間、手を貸してくれました。

ピアノのお嫁入り先家族のご主人は、
重たい荷物を2階から1階まで運ぶときに
大活躍してくれました。

「奥野ファミリーはいつも土壇場まで 
バタバタするんだから!
もう仕方ない! 手伝ってあげるわよ!」
毒舌をはきながら、キャンプ仲間の親友は
仕事の予定を変更して昼間に時間を作って、
手伝いにきてくれたのです。

別の友人は昼間は仕事で、夜は出かけられないから
せめて差し入れくらいはと、
風邪で熱があるにもかかわらず、
手づくりのケーキを2台も焼いてもってきてくれたのです。
このケーキは手伝ってくれた友人たちに
振る舞うことができました。

当時、『アエラ』という雑誌でよくいっしょに仕事をした
女性カメラマンは力持ちのボーイフレンドといっしょに
駆けつけて来てお手伝い。
息子が通っていた保育園の男性若手副園長は
小型トラックを自ら運転して来てくれ、
廃棄処分できるものの運搬を担当してくれました。
トラックのなかった私たちには
本当にありがたい助っ人でした。
しかし彼も心配そうでした。
「奥野さんたち、本当に大丈夫かなあ?
こんな状態で10月17日にタイに出発するつもり…?」

まあ、こんな調子で入れ替わり立ち代わり、
近所の仲間や仕事仲間が誰かしら、
我が家にどっかりと腰を下ろし、私たちといっしょに
荷造りの作業に手を貸してくれたのです。
そして手伝ってくれる友人たちは、
私たちが無事に出発できるのかと口々に案じていました。
キャンプ仲間の3家族の間では
「奥野ファミリーが10月17日にタイに出発できるか、
賭けをしよう!」な~んて冗談も飛び交っていました。
(この続き、一体どうなることやら…。次回をお楽しみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)