夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第31回 番狂わせで、ふと我に立ち返り。
「目指せ、チェンマイ、もうすぐだ!」と
前回のお話で書いてはみたものの、
じつは2004年9月下旬から出発日の10月17日までが
信じがたい強行スケジュールでした。

手元に当時のメモがあるので読み返しているのですが、
我ながらゾッとしてしまいます。
私たち家族の動きは…、こんな感じでした。

メモによると9月21日、奥野さんと私はかなり真剣なモードで
出発までのスケジュールの打ち合わせをしています。
引っ越し準備、借りていた家の手続き、
廃車手続き、住民票や免許書など公的手続き、
それに友人たちやお世話になった人への挨拶…。
なにしろすべてを約3週間で終わらせないと、
10月17日のタイへの出発に間に合わない!

私が仮に専業主婦で出発準備に専念できれば、
3週間ですべてをこなすことはできたと思います。
ところが私は4歳と11歳の子どもをもつワーキングマザー。
雑誌の取材もかたずけて、11月出版予定の
拙著『千の風にいやされて』も最終の校正段階。
コレでなんとか海外への引っ越し準備に専念できる!
そう思っていた矢先に、あろうことか、
長期の大きな仕事を依頼されてしまったのです。

それは某企業の60周年記念誌を制作する仕事でした。
タイへの引越し事情を話して制作会社にお断りしたのですが、
「タイから日本に何度か取材に来てくれればいい」と、
幸か不幸か寛大なお返事…。
おまけに1冊の記念誌を取材、執筆するその仕事は、
取材制作料もそれなりに好条件だったのです。

海外への引っ越しでとにかく出費の多い中、
ついにお金に目のくらんだ私はこの御に及んで、
60年記念誌の仕事を引き受けてしまったのでした!
そんなわけで厳しいスケジュールの中、
先方の企業の担当者との打ち合わせ、
社長へのご挨拶など重要なミーティングがセットアップされて、
カレンダーの予定が何日もつぶれていきます。

「引っ越し準備があるので勘弁して~!」と
泣き寝入りしたい心境でしたが、
一旦引き受けたからにはそんなわがままは
プロのライターとして許されません。
それは先方の信頼をそぐことにもなります。
内心は本当に焦りまくっていたのですが、
会議の場では余裕綽々の笑顔で企画のプレゼンテーション。
寅さんじゃないけれど、「女はつらいよ」ってな心境でした。
こうして9月上旬にこの仕事の依頼があってから、
出発までに何度か編集会議が重ねられました。
奥野さんは奥野さんで11月に出版予定の写真集の
最終作業と出張が残っていました。

しかし…、こういう余裕のないときに限って、
人生には番狂わせが起きるものです。
なんと4歳の息子が9月24日から、突然発熱!
私のメモには切羽詰まった状況がリアルに書かれています。

「24日の朝、37.5度だった熱が夜中には40.1度まで急上昇。
かわいそうなくらい乾いた咳が出て、とまらない。
高熱で本人は苦しそう。なんとかしてあげなきゃ!
夜中、横浜市都筑区の夜間救急診療所へ連れて行く。
深刻な病気ではなく、風邪とのこと。ちょっとホッとした。
でも光(息子)の看病はあるし、仕事はあるし、
奥野さんは9月27日から3日間出張だし、
引っ越し準備には取りかかれないし…。
藍海(当時11歳の娘)が光に付き添ってくれるのが
本当に本当にありがたい…。
藍海、忙しすぎる母親でごめんね…。
この絶体絶命状態、私たち、どう乗り越えるのか!?」
          (佐保の2004年の記録メモより)
         
でも、こういう時は焦れば焦るほど悪循環に陥るもの。
心を落ち着けて深呼吸してみると、
私は一番大事なことをすっかり
すっ飛ばしてきたことに気づきました。
何はさておき、まずは家族の健康が第一です。
忙しすぎて子どもたちのことが二の次になっていたのです。
息子の風邪でその大事なことを自覚したダメ母は、
ここできっぱり覚悟を決めました。
とにかく息子の熱がきちんとおさまるまで、
中途半端に他のことに手を出さない!
仕事も引っ越し準備のこともすべて忘れて、
彼の看病と家事だけに専念しようと。
そうでなければ、私は“ダメ母以下”になる!

こうして高熱にうなされる息子の看病をしながら、
9月25日、私はよりにもよって誕生日を迎えました。
奥野さんと娘に「今日は誕生日だね。おめでとう」と
言われて、初めて自分の誕生日に気がつきました。
そして彼らの言葉で、張りつめていた気持ちが
思わず緩んでしまったのでしょう…。
ダメ母はなんだか1人で、ポロッと涙ぐんでしまったのでした。

週明けの9月27日(月)に奥野さんが仙台出張に旅立つ日、
息子の高熱は幸いにも37度まで下がりました。
そして9月28日から彼はまた保育園生活に復帰してくれました。
彼の風邪で丸4日間、何も手につかなかったけれど、
かえってそれでよかったんだと思います。
「忙しい」とは「心を亡くす」と書きますから。

(息子の病気で小休止。逆に気持ちを立て直した私たちは、
残る2週間のカウントダウンで出発準備に挑みます。
この続きは次回をお楽しみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)