夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第30回 蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
さて2004年の9月中旬、タイ・チェンマイで孤軍奮闘した
奥野さんがなんとか最初のテレビ番組の
撮影を終えて凱旋帰国しました。
ちなみに最初の番組はチェンマイの「銀職人」の話。
戻って一息つく間もなく、彼は翌日から編集室入り。
ベテランの編集マンといっしょに、映像編集にかかりっきり。

今でこそ、映像カメラマンとしても仕事をしていますが、
本来は写真家ですから6年前は大変でした。
新機種のカメラと慣れない編集作業で、
奥野さんと編集マンはスタジオにこもり、
帰国翌日から結局4日間、家に戻ってきませんでした。

ようす伺いのために電話をすると
「撮影のモードが通常のビデオモードと違うから、
データの取り込みにいろいろ不具合が起こって、
ベテラン編集マンも頭を抱えてる。
もう時間がない…」と、かなり切羽詰まった声です。

これから1ヶ月間で抱えている仕事をすべて終え、
車の処分、家の手続き、引っ越し準備と
何から何まですませなければなりません。
日本の暮らしを清算して10月半ばに
チェンマイに発とうというのに、
私たちはまだ仕事であたふたしていました。

仕事だけではなく、友人たちとの別れもあります。
チェンマイ移住の話をしたのはごく親しい友人と
子どもの学校や保育園関係者だけ。
じつは肝心な仕事関係者には話している時間が
なかったというのが正直なところ。

そんな中、私たちドタバタ家族のキャンプ仲間が
「最後だから…」と言って神奈川県道志村で
2泊3日のキャンプを企画してくれました。
娘の保育園仲間の家族で毎年、夏に4家族で
1週間ほど福島県の檜原湖畔で過ごしたり、
海に行ったり、子どもを通して本当に仲良く
つきあってきた友人たちの嬉しいこころづかい。

でも…、奥野さんは4日間睡眠不足の缶詰状態。
私は雑誌の仕事と本の最終校正で走り回り、
本当はキャンプに合流するエネルギーも尽き果てて…。
とはいえ、そんな言い訳は通用しない仲間たちです。
それほど親しい彼らの思いがありがたく、嬉しく、
一足先に合流した娘と息子に続いて、
私たちはフラフラになりながら、このキャンプに合流。


2004年9月、最後のキャンプの記念写真。気の置けない仲間たちはその後、
チェンマイの我が家に大ツアーを組んでお越し下さいました。


いつもと変らぬメンバーなのに、
やっぱりこれがみんなと過ごす最後のキャンプと
思うとセンチメンタルになってしまいます。
いっしょに笑ったり、怒ったり、泣いたり…。
いろんなことがあったけれど、
子どもたちにとっても私たちにとっても、
かけがえのない仲間たち。
「無理してでもこのキャンプに駆けつけてよかったね…」
夜空の星を眺めながら、奥野さんと私はそう語ったのでした。

キャンプから戻った翌週から私は
拙著「千の風にいやされて」の最終校正のラストスパート。
本の出版は11月初旬予定。
その頃、私はもう日本にいないはずなので、
絶対に事情を話さなければなりません。
ライターと編集者は二人三脚なので、
若手編集者のS氏にはビザが降りた時点で7月、
チェンマイ往きの話をほのめかしておいたのですが…。
9月下旬、本の最終校正のミーティングのとき、
編集者Sさんと監修の小説家・新井満さんに
チェンマイ往きの話を切り出しました。

「11月初旬にこの本が出版されるとき、
私は日本にいませんので、宣伝の方など
どうぞよろしくお願いします」
私がそういって頭を下げると、S氏が聞いてきます。
「日本にいないって、どこに行かれるんですか?」
「タイのチェンマイというところです」

S氏は校正の紙を片付けながら続けます。
「タイかぁ…、いいなあ、ぼくもゆっくり
休暇で行きたいですよぉ」
彼は勘違いしてます。で、私が補足します。
「休暇なんかじゃないですよ。
新しい仕事のために行くんですからね」
早とちりのS氏は、相変わらず勘違いです。
「あっ、雑誌の取材ですか。で、いつごろ戻ってきますか?
今後の予定とか聞いておかないとね…」
彼は、校正紙を整理し続けています。

「いえ、もう戻ってこないんです」
私がそう言うと、彼はビックリして思わず顔を上げました。
「えっ、戻ってこないって、一体どういうことですか?!」
隣で新井満さんも思わずキョトンとして言います。
「戻って来ないって、向こうに住んじゃうってこと?」と新井さん。

「そうなんです。家族でチェンマイに住むことになったんです。
なかなかお二人にお会いする機会がなかったので、
正式な報告が今日になってすみません」
私が再び頭を下げると、若いS氏はあんぐり口を開けたまま。
そして我に帰ったように聞き返してきます。
「『家族で』と言うけど、佐保さん、
確かまだ小さいお子さんもいらっしゃいますよね。
みんなで移住しちゃうんですか!?
この本の仕事は目処がたっているからいいけど…。
なんでまた、家族でチェンマイに…???
チェンマイってそんなにいいところなんですか…??」

もうそれからはS氏の質問攻めです。
ただ彼が何度も繰り返したのはこんな台詞。
「キレイさっぱり片付けて家族でチェンマイへなんて、
それにしてもよくまあ、思い切ったものですねえ…」
その口調は呆れ半分、唖然半分、ちょっぴりの羨ましさを
含んだなんとも表現しがたいものでした。

そんなやりとりの中で最後に、
新井満さんがこんなことを言いました。
「僕は佐保さんたちの選択、なかなか面白いと思うなあ。
蝦夷で暮らすも一生、江戸で暮らすも一生って
ことわざがあるじゃないの。
どこで暮らしても人の一生には変わりがない。
かの地での活躍、大いに期待してるよ。ハッ、ハッ、ハッ」
それは新井さん流のエールだったのかもしれません。
でも、でも、江戸=東京、蝦夷=チェンマイということ。
新井さんにとって「チェンマイはえらく辺鄙なところ」
というイメージだったのかもしれません。
そりゃ、パリやNYに比べれば辺鄙な田舎ですけれど、
チェンマイは知る人ぞ知る東南アジアの隠れた国際都市であり、
人口20万人程度だけどランナー王国の伝統文化が息づいて、
「タイの小京都」みたいないい街。
そして民族の交差点として超面白いところなんですよ!
それゆけ、チェンマイ、もうすぐだ。
(この続きは次回木曜日をお楽しみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)