夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第29回 働くダメ母、日本で奮闘!
奥野さんがタイでビザ、プレスカード、労働許可書、ビデオ撮影、
車の購入、子どもたちの学校の最終選定…と走り回っているころ、
働くダメ母の私も日本で孤軍奮闘していました。
手元に2004年の手帳があるのでページをめくってみると、
10月半ばのタイ移住を前にして8月、9月は
すでに恐怖のスケジュールに突入しています。

出発ギリギリまで仕事をつめこみ、
しかも拙著『千の風にいやされて』の
執筆まで抱え込んでいたのです。嗚呼、おそろしや!
要は仕事を減らせばよかったのですが、
海外引っ越しで大きな出費が続く時ですから、
働くダメ母としては少しでも稼がなにゃならぬ。

ここが企業の海外駐在で渡航される方々とは大違い。
あの「無駄遣いに終わった」予防接種代、
海外引っ越し費用、家族の航空チケット代、現地での車購入費、
学校の入学金と学費、現地での家賃……。
自慢じゃないけど、なにしろすべて自腹ですから
かなりまとまったお金が出て行くわけです。

若干の貯金はありましたが、それは現地での万が一のために
できるだけとっておくことにして……。
ということは、働くダメ母も渡航準備が必要だからと
休みをとるわけにはいかない。

“宮仕え”でない身だからこそ、
「じゃあ、家族全員でタイで新生活をスタートしよう!」なんて
自由が通用するわけですが、反面、組織の補助なんて全然ない。
まあ、好きで選んだ道ですからそれをよしとして、
私は台所事情を考えて仕事を詰め込んだわけでありました。

奥野さんがチェンマイに出発した2004年8月6日から
9月13日に帰国するまでの私の動きは
スケジュール手帳によると自分でも呆れ返るほど
オーバーワークぎみです。

仕事は雑誌『アエラ』の人物評伝『現代の肖像』の長期取材、執筆。
それにレギュラーもののビジネス雑誌の仕事。
そして『千の風にいやされて』の最終執筆…。
とくに『アエラ』の仕事では某女性シンガーを取材中で、
彼女のコンサートについて名古屋に飛んだり、
5回ほどロングインタビュー、10人ほどの周辺取材などで、
8月は腰を落ち着ける暇がないような状況。

父親不在で子ども2人を抱える動きとは思えません。
当然、泊まりで地方に出張取材は不可能です。
名古屋取材の時はやむを得ず、
保育園の親しい親仲間にお願いして、
4歳の息子と11歳の娘の食事付きお泊まりで助けてもらいました。
そういう友人家族がいるというのは、本当にありがたいことでした。
『千の風にいやされて』の本の方は幸いにも地方取材が
7月までに終わっていたのでなんとかなりましたが……。

チェンマイへの出発を2ヶ月後に控えて、
仕事以外でもやることはたくさん。
当時、小学校5年生だった娘は夏休み。
海外に行ってしまう前に大好きな祖母や従妹たちと
ゆっくり過ごせる最後の夏ということで、
私の実家の大分に2週間ほど滞在。

スケジュール手帳によれば、この時期の私は頻繁に
医大の付属病院にも通っています。
元気が自慢の私ですが、そういえば当時、過労気味で
軽い腰痛がちょっと気になっていたのです。
医療事情のわからないチェンマイで治療を受けるのは、
移住初心者としてはやっぱり不安。
治せるものは日本で治療しておきたいと考えたのでした。

「この期に及んで深刻な病気…」なんてことはないでしょうけど、
大きな船出だけにヘルスチェックは肝心。
忙しい最中に病院予約をとってドクターにタイ移住の事情を話し、
安心して旅立ちたいと説明すると、
腰痛の原因を知るために一応CTスキャンということに。

やっかいな病気とか悪性腫瘍とかが見つかったらどうしよう…。
食欲はあるし、元気だし、癌なんてことはないと思うけど、
でもこんな腰痛は今までなかった…。
やっぱり変な病気かも…。
そんな思いでちょっと緊張して結果を待っていると、
ドクターがデータを見せてくださり、ひとこと。
「あぁ、原因は“カレイ”ですね。治療方法はありません」
私は一瞬、目の前がクラクラ~。
「治療方法がないって、そんな…!!!
“カレイ”って一体どういう病気ですか?!」

ドクターは完全にあきれ顔です。
「カレイ、つまりそれなりの年齢にありがちな症状ということです!」
「カ、カレイ…、加齢加齢、あっ、そういうことですか…」
私はばつが悪くて、そう答えるしかありませんでした。

「若いつもりでいるかもしれないけれど、
自分の肉体年齢を冷静に自覚しなさい!」という信号が、
今回の腰痛だということなのです。
これから家族揃って未知の大海原に船を
乗り出そうっていう気分なのに加齢現象とは…。
ちょっと出ばなをくじかれるドクターの言葉でしたが、
その腰痛はチェンマイに引っ越してから
不思議とおさまってしまいました。
本当に健康であるということはありがたいことです。

こうしたヘルスチェックの合間にも
私と子供たちは「無駄使い」なんてさらさら思わず、
仕事を中断し、保育園を休ませてまじめに
横浜検疫所に予防接種にも通い続けておりました。

同じ頃、息子の保育園では夏の一大風物詩、
父親たちによる「手づくりの花火大会」の時期。
花火大会を楽しむ暇があったら、
少しでも仕事を早く終わらせて
チェンマイ行きの準備に早く取りかかりたい…。
正直なところ、それが焦り始めたダメ母の本音でした。


娘と息子がお世話になった横浜市の「川和保育園」のイメージイラスト。 こんなおとぎの国のような園庭の中で父たちによる、手づくりの仕掛け花火大会が行われる。 イラストは2006年「川和保育園」卒園記念文集より。


でも、保育園の仲間たちといっしょに
過ごす時間が少なくなった息子にとって、
これは大好きな保育園で楽しむ最後の花火大会。
そう思うとダメ母はなんとか時間を捻出して、
2人の子どもを連れて会場の夜の保育園に出かけたのです。
絵本の世界から飛び出してきた
「エルマーとりゅう」や「ぐりとぐら」の
仕掛け花火が保育園の園庭に浮かび上がります。
「あっ、ぐりとぐらが花火になってる!」
そう叫んでしきりに喜ぶ息子や彼の友人たち…。
ダメ母の隣で、この保育園で父親たちによる
仕掛け花火大会を6回も経験した娘(当時11歳)が、
ポツンとひとこと言いました。
「ママ、日本で見る川和保育園のお父さんたちの
花火大会はこれがきっと最後なんだね…」
2004年8月、忙中閑あり。
母子3人で参加した、お父さんたちの手づくり花火大会。
夏の一夜、ダメ母は花火を見ながら1人、
感慨深い思いに包まれておりました。
(この続きは次回木曜日をお楽しみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)