夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第28回 一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
チェンマイに無事落ち着いて1週間後、
奥野さんはバンコクの外務省に電話を入れました。
ところが外務省担当官のP女史から
いきなり英語でまくしたてられます。
「なぜもっと早く、連絡してこなかったんですか!」

奥野さんは弁解しようと必死ですが、
咄嗟に適切な英語がでてきません。
「あー、うー、そのー」

「言い訳はいいから、早く外務省にいらっしゃい!
必要な手続きのための書類は全部揃えているんですから。
えっ? あなた、チェンマイに住んでいるの?
じゃあ、バンコクにはいつ来られるんですかっ!」
機関銃のように問いつめられた奥野さん、ますます及び腰に…。

タイで外国人が合法的に仕事をするには、
ビザと労働許可証が必要です。
私たちの場合は当時、メディアビザだったので、
それにプレスカードの申請も必要。

それなのに外務省が発給する書類も受け取りに来ないで、
のんびり構えていた奥野さんにP女史は呆れて、
彼をせきたてたのでした。
といっても、本人はのんびり構えていたわけではなく、
すべてが初めてのことゆえ、いつごろ何をどうしたらよいのか、
要領がわからなかっただけのことなのですが…。

面倒なビザ申請手続きに加えてプレスビザですから、
外務省からの書類をあっちに提出、
こっちにも提出とさらに複雑です。
大まかに説明すると次のSTEPを踏まなければいけません。

<STEP①> 日本のタイ王国大使館が発給日から2ヶ月間有効の
ノンイミグラント/メディアビザを発給。

<STEP②>
タイに入国後、ビザの有効期間内に早めに
外務省に出頭して以下の書類群を受け取る。
書類群A:バンコク首都圏にある外務省広報部でプレスカードを
     発給してもらうための書類。
書類群B:チェンマイ市の出入国管理事務所(警視庁管轄)で
     1年間のノンイミグラントビザを発給してもらうための書類。
書類群C:チェンマイ県庁労働管理事務所で
     1年間の労働許可証をを発給してもらうための書類。

<STEP③>
外務省からのこれらの書類をもって3カ所の管轄オフィスに行き、
プレスカード、ビザ、労働許可証(ワークパーミット)を
発給してもらう。

この手続きを終えて晴れて、メディア関係者として
タイで仕事ができるというわけです。
ちなみにビジネスビザの場合は外務省のお墨付き(書類)は
関係ないため、STEP②とプレスカードの手続きがなくなり、
出入国管理事務所と在住先の労働管理事務所に、
書類を直接提出してビザと労働許可証を
発給してもらうという段取りになります。

外務省の広報担当官P女史から出頭を「命じられて」
バンコクにすっ飛んで行った奥野さん。
外務省にP女史を訪ねると、
ベテランの貫禄を漂うその女性はニコリともせず、
必要な書類を渡してくれました。
「この書類をすぐに外務省広報課にもって行って、
プレスカードを発給してもらうこと。
広報課はこのビルではなく別の場所です。
住所はPhaholyothin 通りのSoi Aree。
ここからタクシーで5分ほど。わかりましたかっ!」

「は、はい。わかりました。ありがとうございました」
反射的にそう答えて途方に暮れる奥野さん。
タクシーの運転手の助けでなんとか広報課にたどり着くと、
外務省からの書類は完璧なのに証明写真がないので、
すぐにプレスカードを発給できないと断られます。
しかも午後4時の窓口終了時間が迫っているので、
翌日出直すようにと…。
翌日と言われてもチェンマイで撮影予定が入っていて、
スケジュールの変更ができません。
彼はすごすごとチェンマイに戻り、
プレスカードのためにもう一度バンコクに出直します。
今度は必要書類も証明写真も準備万端。
ところが午後早めにプレスカードを申請したにもかかわらず、
窓口のスタッフから奥野さんは言われます。
「カードの発給は明日です。明朝、取りにいらしてください」

奥野さんはまたもや大ショック。
翌朝もビデオの撮影が入っていて、
その日のうちにチェンマイに戻らなければなりません。
結局、チェンマイとバンコクを3往復し、
ようやくプレスカードを手に入れたのでした。
まあ、これもいい経験とはいえますが、
それにしてもちょっと要領が悪すぎ…。

ちなみに同年の11月、同じ手続きが必要だった私は
奥野さんの経験を教訓にして、
すべて所要時間も飛行機の便も事前に計算。
抜かりなく準備してバンコク日帰り1日コースで
必要な手続きをすべて終えて戻ってきました。
P女史だって彼が恐れおののくほど怖い女性ではなく、
確かにお世辞にも愛想はないけれど、
私にとってはとても頼りになる人でした。

さて奥野さん、外国人居住者に必要な事務手続きを進める一方、
慣れない撮影で通訳の男性とチェンマイ市内を東奔西走。
その合間に「仕事の脚」として不可欠な車も購入しました。
山岳地域への取材も考慮して選んだのは、
4WDのピックアップトラック。

ピックアップトラックとは座席部分が5人乗りで、
荷台にもバイクや自転車などが十分詰める乗用車兼トラック。
日本ではほとんど目にしませんが、
タイをはじめとした東南アジアでは人間、家畜、野菜など
ありとあらゆるものを運べる優れモノの車として活躍しています。
撮影や取材という仕事柄、どんな地域にも出向く必要があるので、
4WDピックアップトラックの選択は大正解でした。
(この続きは次回の木曜日をお楽しみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)