夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第27回 怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
報道ビザをぎりぎりセーフでゲットして、
2004年8月6日にタイに飛び立っていった奥野さん。
旅の道連れは臨時アシスタントとして、
アルバイトで雇ったコンピュータに強い大学生のS君。
ところが入国早々、奥野さんは空港で足止めに…。

なにしろ男2人組の荷物の量は半端ではなく、
ちょっとした引っ越しのようでした。
1ヶ月半ほどの衣類、生活用品、取材資料の詰まった
大型スーツケース、カメラバッグ2個、
音声機材用のジュラルミンケース、重たい三脚のケース…。
そしてこれら荷物の極めつけは映像編集に使う
デスクトップタイプのコンピュータでした。

カメラやPCに万が一問題が発生したら、
現地での撮影も編集準備もすべてストップします。
それを案じた男2人組はカメラはもちろん、
重要な機器すべてを肌身離さず移動させようと企てます。
21インチのPCモニターとタワー(心臓部)を合わせて、
合計40キロ以上の機材を大胆不適にも
機内持ち込みにしてしまったのです!

PC心臓部のタワーは何枚ものバスタオルで
グルグル巻きにしてさらに段ボール箱にいれて
しっかりとガムテープとロープで完全パッキング。
それにキャリアーをつけてSくんが乗客の目をはばかるように
転がして機内にさっと持ち込みました。
新聞紙を広げたサイズほどの薄型の箱に入れたモニターは、
奥野さんがカメラ機材といっしょに
「よいこらしょっ」と座席へ。
今、振り返れば冗談のような話ですが、
これって相当「面の皮」が厚くないと実行できない。
それにテロ防止で持ち込み手荷物が制限される昨今では、
到底、実行不可能な「技」だろうなあと思います。

とにかく商売道具の機内持ち込みをクリアーし、
怪し気な日本の男2人組は大荷物とともに
無事にチェンマイ空港に到着。
しかしそのチェンマイ空港で難関がまっていました。
バゲージカウンターでスーツケースを受け取ったS君は、
何食わぬ顔で心臓部パワーの入った段ボール箱を
キャリアーで転がしながら非課税カウンターを無事通過。
じつは彼、足止めを食らうかと内心オドオドしていたそうです。

「よっしゃー、1人無事通過!
じゃあ、僕もあの調子ですんなりと」と思った奥野さん。
ところがそうは問屋が卸さなかった。
日焼けした顔に怪しいひげ面、
ポケットのたくさんついたカメラマンベスト…。
奥野さんは人相と出で立ちでまずマークされます。
どうひいき目に見ても、気の毒ですが怪しい人にしかみえない。
そして両手に抱えた恐るべき荷物の量…。
しかも適当な段ボールがなかったからと、
彼は購入時の箱に入れてモニターを持ち込もうとしたのです。
これでは「見て、見て! コレ、PCモニターですよ~」と
アピールしているのも同然です。夫ながら、なんと浅はか…。


奥野さんが手荷物として持ち込んだPCモニター。
今でも私たちのオフィスで仕事をサポートしてくれています。


「ちょっとそこの人、こっちへ来てください」
案の定、ご指名を受けて手招きまでされ、
奥野さんは課税カウンターへいそいそと。
「そのテレビみたいな箱の中身、何? 開けなさい」
と命じられて、断るわけにもいかず箱をオープン。
使用済みとはいえ、真新しいモニターを見つけた
税関スタッフは思わずにんまり。
「はい、コレは課税対象になりますね。
関税6000 B(約18000円)を支払ってください」

ここで大阪商人の血を受け継ぐ奥野さん、
素直に6000Bを支払うわけがありません。
空港まで迎えにきていたチェンマイ在住の
日本人の知人に通訳を頼んで必死に食い下がります。
しかしパスポートのMビザを見せて事情を説明しても、
税関スタッフは頑として譲りません。
延々と押し問答した奥野さんは終始、
「これは新品じゃない! 仕事用のモニターで、
日本でもう使用済みですよ!」と言い張りました。
結局、根負けした税関スタッフは妥協案を提示。
「じゃあ…、半額の3000Bでどう?…」


奥野さんはこの妥協案に「???」
よくもわるくも法律や規則に厳しい日本では、
こういう展開って絶対にあり得ませんよね。
でも、規則があってないようなタイでは
こういうことが珍しくないのです。
余談ですがじつは私も駐車違反で切符をきられたとき、
チェンマイ市内の警察署でへたなタイ語で
ひたすら謝って罰金を半額にしてもらったことがあります。
なにしろここは「Amazing Thailand」ですから。
で、結局、奥野さんは3000Bの支払いで手を打って税関突破。

ようやくS君と合流して、宿泊先に落ち着いたのでした。
宿泊先は6月のチェンマイ滞在中に見つけていた
チェンマイ大学の教授デラニーさんの家の1階部分。
大荷物の移動と税関との一件で疲労困憊した奥野さんたちは、
「超」がつくほど親切なタイ人女性の大家さん、
デラニーさんにその日の夜、夕食に招かれたそうです。

「ドイステープの山並みを家から眺めながら、
川魚の料理をデラニーと彼女の娘さんとS君と
4人で食べたのをよく覚えているよ。
なんだか本当に彼女の温かさが、ありがたかった…。
そういえば魚の骨をデラニーの家に居着いていた
小さな三毛猫にあげたのも覚えてる」


その後、家族の一員となった半野生ネコの「イチ」。
名前は息子がなぜか『ドラエモン』からつけた。


のちにこの大学教授デラニーさんが私たちの恩人となり、
親戚同様のおつきあいがはじまります。
また彼女の家に居着いていた小さな三毛猫は
半野生ですが私たち家族の一員となっていきます。
こうしてチェンマイ郊外の静かな山裾にあるその一軒家で、
奥野さんの1ヶ月半に渡るさらなる奮闘が始まったのです。
それにしても商売道具のカメラとPCがとにかく無事に
チェンマイの滞在先に落ち着いてまずは一安心でした。
(慣れないビデオ撮影、外務省へ出頭、車の購入…。
奥野さんの奮闘は続きます。次回の木曜日をお楽しみに。)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)