夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第26回 ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
報道ビザ申請用の書類を揃えた後、
私たちはいよいよ6月末に担当官の面接を受けることに…。

この『夜逃げでチェンマイ』の原稿のために、
奥野さんのパスポートをチェックしてみると、
彼は面接を受ける前、じつは2004年6月10日から
1週間ほどタイに行っているのです。

「あのとき何をしに行ったんだっけ…?」と
とぼけた質問をすると、
「8月のテレビ番組撮影のための下準備と取材候補者との
打ち合わせで1週間、タイで走り回ってたんだよ!」と
お怒りのご本人の弁。
そういえば、面接の前に奥野さんは友人から
在タイ歴の長い日本人やメディア関係者を紹介してもらい、
頭の痛いビザ(査証)について話を聞いてきました。

彼がバンコクで紹介された日本語情報誌関係の某氏の言葉。
「タイもビザの発行が厳しくなり始めたから、
まず初めてで報道ビザは無理だろうねえ。
タイで会社設立してビジネスビザという手はあるけど…」
右も左も現地事情がわからないのに、
いきなり会社設立と言われても…。
タイ滞在初心者にとってそれは無謀に思えました。
(現実にはいきなり会社を設立して
ビジネスビザを取得する人も結構いるのですが…)

また在タイ歴の長いフリーのカメラマン氏の言葉。
「タイで会社をつくってビザを取る人も多いけど、
そのためには名前だけでもタイ人のパートナーが必要だよ。
誰か信頼できるタイ人の知り合いはいるの?
僕なんか苦い経験があるからねえ、十分気をつけた方がいいよ…」
カメラマン氏の言葉もネガティブです。
6月中旬、タイから戻ってきた奥野さんは
ちょっぴり落胆しているようすでした。

そしてついに6月下旬の面接日…。
私たちはちょっと重い気分でJR目黒駅からほど近い
タイ大使館を訪ねたのでした。

テレビの仕事で現地に赴くといっても、
メジャーなテレビ局の肩書きがあるわけでも、
企業の駐在員でも、学術関係者の招聘でもない。
大きな組織の後ろ盾をもたない不安定な身として、
自分たちをどう証明するか…。
そこで奥野さんは自分の写真集、雑誌の仕事のファイル、
私も自分の本、雑誌の仕事のファイルなどを山ほど抱え、
自前の英文の詳しい説明資料を面接日に持参したのです。

受付の女性から通された応接室には
タイのプミポン国王陛下の大きな写真が飾ってありました。
10人ほどが座れる大きなテーブルがあり、そこで待つようにと。
住宅街にあるためか大使館は静かです。

なんだかその静けさが緊張度を増幅させ、
大学受験に来ているような気分に…。
「一体、何を聞かれるんだろうね…」などと話していると。
スーツ姿の30代の広報担当のタイ人女性が登場。
いかつい男性の役人を想像していた私はちょっと拍子抜けです。
外務省でキャリアを積んできた人なのでしょう。
女性は知的な雰囲気で、話す英語は驚くほど流暢でした。
おまけにとても感じのいい人です。

資料をひとつひとつ確認した後、
奥野さんと私の写真集、本、雑誌ファイルの量を見て
彼女はびっくりしていました。
「こんなにたくさんあるんですか?
本や写真集も出されているんですね…」
南アフリカの写真集や阪神大震災の写真集を見ながら、
ドキュメンタリー制作について思わず話が弾みました。

観光ではなかなかふれることのできない
タイの文化やタイ人の暮らしを映像を通して伝えたい。
そんな計画を話すと彼女は興味深そうに聞いてくれました。
「大使館スタッフから面接があります」と言われたので、
重々しいものを想像していたのですが、
ふたを開けてみたら相手の人物像や仕事内容を
確認するための「面会」というイメージでした。
それでもやっぱり気になるメディアビザの難易度。
私が「可能性」を尋ねると女性は言いました。
「本国の外務省が資料を審査して決めることですから、
私には今はなんとも言えません。
ただ書類もきちんと揃っているし、
これだけ仕事の資料も持参してくださったので、
それほど問題はないと思いますけどね…。
お預かりしたものはすべて本国に送りますね。
返事が来るまでに3週間から4週間かかりますので、
こちらからの連絡をまっていて下さい」

丁寧に挨拶をして大使館を出たとき、
なんだか救われたような気分でした。
周囲から希望のもてないことばかり言われて
へこみそうになっていた心が、
広報官の親切な対応でちょっと元気を取り戻せた感じです。
1ヶ月後の結果について悩んでも何も始まらない。
チェンマイ移住計画という「船」はもう漕ぎ出しているのだから、
あとはやるべき仕事をしながら淡々と待つばかり。

奥野さんは写真集の編集に、私は「千の風にいやされて」の取材に
走りまわるうちカレンダーはもう7月下旬。
ただ7月25日を過ぎても、大使館からは音沙汰なし。
奥野さんも私もこれにはさすがに焦り始めました。

撮影のために彼が日本を出発するのは8月6日。
取材相手やコーディネーターの都合もあり、
制作締め切りも考えるとそれ以上の延長はできません。
「万が一ビザが発給されなくても現地入りして、
取材と撮影はまずすませなきゃ。
それからどうするか考えるしかないかもね…」

タイ大使館から自宅に電話が入ったのは、
7月押し迫った30日(金)のことでした。
「タイ大使館です」と聞いて一瞬緊張。
「本国外務省からメディアビザ発給の許可がおりました。
週明け早々にパスポートなど必要書類をもって
ビザ発給を受けにきてください」
私の返事に思わず力が入ります。
「はい! わかりました。ありがとうございました!」
撮影で留守にしていた奥野さんの携帯に即連絡。
電話口で「あ~、よかったあ~」と安堵の声。
何がどう幸いしたのかは今でもわかりません。
でも私たちは大きな難関だったビザの問題を
なんとかクリアーして、晴れて家族4人で
タイに滞在できる真っ当な切符を手にしたのでした。
週明けの8月2日(月)に奥野さんはビザを受け取り、
その週の金曜日には成田空港を飛び立っていきました。

それにしても出発直前のビザ取得。
綱渡り人生には随分慣れていたつもりだけれど、
このビザの取得劇ばかりは本当にぎりぎりセーフでした。
でもとりあえずは、めでたし、めでたし。
ただ……、そうは問屋が卸さないようなことが…。
(タイに旅立った奥野さん、現地で奮闘します。
この続きは来週の木曜日をどうぞお楽しみに!)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)