夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第25回 娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
時間とお金の大きな無駄になるとも思わず、
せっせと家族4人で通いつづけた予防接種…。
そしてもうひとつの大いなる誤算、
それは娘の英会話スクールでした。

4歳の息子、光(Koh)は小さいから問題外としても、
当時、小学校5年生だった娘の藍海( Ami )には
少しでも英語を勉強させておかないと、
チェンマイのインターナショナルスクールで本人が苦労する。
すっかり、そう思い込んでしまったダメ母の私。

「英語はこれからの子どもたちにとって絶対に必要。
とにかくAmi には英語を習わせなくっちゃ!」
勢い勇んで奥野さんにそう相談すると、
「う~む、いいんじゃない…。
ボク、語学は苦手だからミエコに任せるよ」と頼りない返事。
奥野さんって、大体、いつだってこんな調子です。
「のれんに腕押し」男の夫に相談しても、ことは進まぬ。
そう思った私は早速、1人で英会話学校のリサーチ開始。

子供の英語教育も過熱気味のニッポン。
ネットで調べてみると、ある、ある、山ほどある。
横浜の自宅の最寄り駅にも小学生向けの
英会話クラスを開講する全国規模の英語学校がありました。
自宅から近い、少人数クラス、正統派のクイーンズイングリッシュ!
ということで週1回、娘をその学校に通わせることにしたのです。

当時の彼女の英語力はゼロレベル。
イギリス人の先生と話すのも、英語を習うのも初めて。
ただ先生のリードが上手だったのでしょう、
娘はそれなりに英会話クラスを楽しんでいるようでした。




とはいえ所詮週1回、1時間のクラスです。
正直言って、それほど期待はしていませんでした。
むしろ週1回でも英語を話す環境に慣れてくれれば、
それで十分と当初は思っていました。

ただ家計を預かる者として、受講費にはちと頭が痛い。
海外に移り住む準備って、意外にお金がかかるのですよね。
やれ予防接種だ、やれ長期滞在者用の保険だ、
海外引っ越しのコンテナだ、車の廃車手続きだ、
現地での学校の入学費用だ…と、
一万円札が猛スピードで、かたっぱしから飛んでいきます。
出費が重なるときですから、入学金に加えて
毎月1万円ほどの月謝を払うたびに
「少しは喋れるようになってほしいなあ…」と
親としてだんだん欲が出てきます。

英会話スクールにお迎えにいくと
片言ですが、先生と一応話をしている娘の姿を目撃。
すると母親としては、
「う~ん、なかなかあの子もやるじゃない!
これなら毎月のお月謝も海外移住の
必要経費として十分納得できる」と、
にんまりしてしまうわけです。
こうして娘は1年近く英会話スクールで
勉強しつづけることになりました。

一方、報道ビザのための面接を待ちながら、
親の方も忙しさに拍車がかかり始めます。

奥野さんは日々の撮影の仕事とは別に
当時、ひとつ大きなテーマを抱えていました。
1995年の阪神・淡路大震災発生直後から
定期的に取材を続けていたある被災者の話を
写真集にまとめる仕事です。
2004年の12月に出版予定で、
編集者やデザイナーとの打ち合わせ、
写真選びなど本格的な制作段階に入っていました。

同時に彼はビデオカメラの扱い方や
プロ用映像編集ソフトのノウハウを学んだりと
番組制作に向けての準備も必要でした。
おまけに8月にはひと足先にチェンマイ入りして、
1回目の放送分の取材も進めなければなりません。
今、考えてみたら本当に恐ろしくなるような
スケジュールで彼は動いていました。

私の方も1冊、2004年11月に出版予定の本、
『千の風にいやされて』の取材と執筆を抱えていました。

芥川賞作家・新井満さんの写真エッセーで
大ベストセラーになった作品『千の風に吹かれて』。
大事な人を亡くした人に向けて書かれた
この写真エッセーを読んで出版社に
何千枚もの読者ハガキが寄せられました。
ハガキの中には大事な人を亡くしたときの
さまざまな物語が書かれていました。
その物語をノンフィクションとして
1冊の本にまとめる企画を出版社に提案したところ、
新井満さんが監修を担当してくださることになり、
早々に出版プロジェクトが動き始めたのです。
4月頃から読者ハガキの選別、新井満さんや編集者との
ミーティング、取材者へのコンタクトなど
忙しさもだんだんヒートアップ…。




とくに慌ただしかったのは5月から7月。
取材対象となる読者の方々をインタビューするために、
横浜、千葉、福岡、京都、名古屋、三重、山梨、新潟…と、
ICレコーダーとカメラ片手に、私は1人で地方出張に。

10歳と4歳の子どもを残して、
母親は泊まりで地方をかけずりまわる。
父親が留守宅を守り、子どもたちの世話をする。
ゴハンも作る。洗濯もする。
息子と娘の送り迎えをして、買い物もする。
ただその父親も写真集の編集と日々の仕事で忙しい。
娘も学校やピアノに加えて、英会話スクール…と忙しい。
4歳の息子が通う保育園行事もてんこ盛り。
ちなみに息子がお世話になった『川和保育園』は
子どものために親の出番が超多いことで地域では有名。
NHKのテレビ番組でも紹介されたユニークな保育園です。
こんな状況の中で海外移住計画を手探りで
進めなければなりませんでした。
今、考えただけでも超クレイジーな状況。
とにかくひとつひとつの課題をクリアーして、
ここは家族で一致団結して乗り切るしかない。 それに報道ビザの
ハードルだってクリアーしなきゃ!
そうこうするうちに6月も下旬となり、
タイ大使館でのビザの面接が迫ってきたのでした…。

ここで後日談をひとつ。
英会話スクールに毎週通った娘がその後、
チェンマイのインターナショナルスクールに
入学するとき、英語の学力試験を受けたときの話。

試験の終わったあと、娘は私に言いました。
「先生から何聞かれてんのか、わからなかったよお。
ペーパーテストもぜ~んぜんできなかった」

試験の担当官だったアメリカ人の先生がひとこと。
「お嬢さんの英語力では5年生は無理ですねえ。
1学年落として4年生に編入させましょう。
それでもまだ難しいでしょうから、2ヶ月ほど
毎日集中的に英語専門スクールに通わせてください。
基礎的な英語力をしっかりつけて入学してくださいね」

え~っ、もう一度、現地の英語学校でゼロからやり直し…。
私は思わず、絶句、です。
あの忙しい最中に通わせ続けた横浜の英会話スクールと、
払い続けた月謝は一体なんだったのでしょう…。

その娘は在タイ5年を経て、今や弟との口喧嘩も
英語でこなしてしまうバイリンガル女子高生に。
まあ、「結果よければ、すべてよし」とも言えますが…。
(次回はタイ大使館での面接のお話。この続きは
来週木曜日をおたのしみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)