夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第24回 家族そろって予防接種“大会”。

チェンマイには確かにストリートドッグが多い。だから狂犬病の予防接種が
勧められるのはわかります。ちなみに写真は我が家の愛犬クンです。


Mビザ取得のための面接を待つ間、
私たちが始めた次なる移住準備は予防接種。
今、思えばそれは大いなる時間と
お金の無駄遣いだったのですが…。

タイは地球儀の熱帯地域に位置しますよね。
当然、日本では縁のないいろんな病気があるわけです。
例えばデング熱、マラリア、A型肝炎、狂犬病…。

バンコク在住の友人家族を訪ねたときの
旧友の言葉が耳に残っていました。
「デング熱って怖いんだよ。毎年、死ぬ人もいるんだから」

別のタイ・フリークの友人も言います。
「長期滞在者は肝炎とか狂犬病とか、
予防接種する人は多いらしいよ。
ましてや家族連れとなると少なくとも
子どもたちだけは気をつけてあげたほうがいい」
こういう友人たちの言葉って、心理的に結構影響します。

とくに「子どもたちだけは…」なんて言われると、
やっぱり伝染病や風土病は軽視できませんよねえ。
「親が予防接種を怠ったばかりに、
幼い子が大病になってかわいそう…」なんて
言われるはめになったら親失格です。
それでなくとも、かなり “外れた” 親なのに…。

ということで、いろいろと調べてみると
財団法人日本検疫衛生協会の横浜診療所が、
横浜市の産業貿易センタービルの中にあり、
海外渡航者用の予防接種をしているのがわかりました。
5月のある土曜日、家族4人で横浜診療所に行ってびっくり!
タイの場合、A型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病など
「渡航前におすすめする予防接種」というヤツが
ずらずらっと4、5種類もあるのです。
予防接種の値段をみて、これまたびっくり!
破傷風 3500円、狂犬病1人1回につき12,500円、
A型肝炎8,700円…。この料金は2010年現在のものですが、
当時もほぼ同じくらいだったと記憶しています。
もちろん子ども料金なんてありません。
予防接種によっては数回に分けておこなうものもあります。
家族4人で受けるとなると軽く十数万円は超えてしまいます。

「コレ、全部受けた方がいいんでしょうか…?」と
モジモジしながら私が質問すると
カウンターの女性は丁寧に答えてくれました。
「渡航される方ご自身の判断次第です。
でも企業の駐在でいらっしゃるご家族で、
小さいお子さんがいらしたりすると、
ほとんどを受けられる方が多いですよ」
女性はそう言って、カウンター越しに彼女を見上げている
4歳の息子にニコッと笑いかけます。

「小さいお子さんがいらしたら…」なんて言われたら
やっぱり親としてはあとに引けません。
しかも接種と接種の間は一定日数を空ける必要があり、
学校や保育園の行事、習い事を考えると
家族揃って接種に通えるのは月に何回かの土曜日だけ。
ざっと考えても、全接種が終わるのに3ヶ月間ほどかかりそう。

「渡航日が決まっていらっしゃるなら、
早めに始められた方がいいですよ。
お子さんの体調の悪いときは予防接種はできませんから」
そこまで言われたら、「また来ます」とはもう言えません。

「今日、1本注射して、それから行事のない
土曜日にまたみんなで来て注射して、
これからしばらく “注射の土曜日” が続くからね」
私がそういうと息子と娘は
「ヤダー。なぜ、そんなに何回も注射するのおー。
タイに行くのになぜ注射ばっかりしなきゃいけないのー」と
駄々をこねて、長椅子に座り込んでしまいました。
「ママだって注射なんか嫌いだよお。
幼稚園の頃、痛い予防接種が怖くて体育館中、
逃げまわって看護婦さんに追いかけられたんだから…」
そんな独り言をブツブツ言っていると、子どもには思わず大受け。
注射で逃げ回った母親が予防接種をするなら、
自分たちも我慢するというのです。
そんなこんなで結局、第1回目の予防接種を無事終えて、
消毒用アルコールの匂いをプンプンさせながら
家族4人は帰途についたのでした。
「それにしたって予防接種だけで十数万円。
この想定外の支出、バカにならないよねえ…」
初夏の光を反射する「みなとみらい」のビル群を
横目にみながら、助手席でぼそっとつぶやく私。
「たしかに……、ふむ……」と言ったあと、
ハンドルを握ったまま言葉の続かない奥野さん。
私たちはこうして日本検疫衛生協会の横浜診療所に通い、
家族で長期戦の予防接種“大会”に参加したのでありました。

ついでに後日談をひとつ。
チェンマイに移り住んで4年目をすぎたころ、
北タイの日系企業の駐在員として家族で赴任していた
友人に聞いたことがあります。
「赴任する前、日本でどんな予防接種してきたの?」
答えは予想外にも「何もしていないよー」でした!
ちなみに彼女は3人のお子さん連れです。

在チェンマイ日本総領事館勤務の友人にも同じ質問をしてみました。
「僕はとくに予防接種はしてきませんでしたよ。
チェンマイといっても、それなりに都会ですからねえ。
ただ狂犬病の接種はした方がいいとは聞きましたけどね。
でも、それもタイで接種した方がよっぽど安上がりですから」
えーっ、じゃあ、あの十数万円は何だったのおー!
あの土曜日ごとの痛い思いとアルコールの匂いは何だったのおー!
友人たちの話を聞いて、私は思わず寝込んじゃいそうでした。

「お子さんづれなら…」という言葉を真に受けて
費やした貴重な時間と貴重なお金。
でもそれもまた、ダメ母の子どもへの愛情の現れと思えば、
少しは救われるというもの…。
何事も「経験から学ぶ」ですからね(笑)。

(次回は移住準備第三弾、娘に費やした”にわか英語教育”の話。
これもまた今思えば……。この続きは来週木曜日のおたのしみ)



2009年4月9日、帝王切開で生まれたドーベルマンもどきのシーザー。
体は大きいのですが小心者で、完全に名前負け。あだ名はネズミ小僧。
この子もちゃんと狂犬病の予防接種をしています。

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)