夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第22回 チェンマイ移住計画、急進展!

“チェンマイは東南アジアの“隠れ国際都市”。欧米からの移住者、
リタイヤー、NGO関係者が多く、その子弟や富裕層のタイ人の
子どもたちがインターナショナルスクールに通っている。


ep放送から毎月のドキュメンタリー番組の制作依頼を受け、
経済的に大きな基盤ができたことで、
私たちのチェンマイ移住のイメージが
にわかに現実的になってきました。

ただ今回は1988年から1994年にかけて頻繁に通った
長期南アフリカ取材とはわけが違います。
なにしろ11歳(当時)の娘と4歳(当時)の息子つき、
4人家族のチェンマイ移住を企んでいるわけですから。

タイの物価は東京の3分の1ほど。
ep放送の仕事と自分たちの蓄え、
そして現地で少しずつ開拓していく仕事で、
とりあえず当面の暮らしは目処がたちそう…。

ここでひとつ、後日談をご紹介。
チェンマイ移住後、タイで知り合って親しく
おつきあいするようになった某大手企業の重役の、
切れ者ビジネスマン氏に聞かれたことがあります。
「佐保さんたちってチェンマイ移住を決める前、
仕事立ち上げのための現地のリサーチとか
ネットワークづくりはどういうふうにしたの?」

そう問われてはたと困った私は、正直に答えました。
「リサーチなんて全然していません。
チェンマイ移住の話が決まってからも忙しくて、
そういえば、そんなこと考えもしませんでした。
ネットワークとかも、とくになかったし…」

私の答えに呆れるビジネスマン氏。
「ん~、メディアの仕事は特殊だからなあ…。
でもビジネス的に考えると、まず考えられないよねえ。
しかも家族連れでしょ、無謀すぎるよ、君たち。
でもそういうところが面白いんだけどね(笑)」

大先輩の辛口コメントに対して
もごもごとひとり口ごもる私…。

冷静に考えれば、確かにビジネスマン氏のおっしゃる通り。
数年はep放送の定期的な番組制作でなんとかなるとはいえ、
将来性を考えれば、企業なら現地リサーチと準備をしながら、
明確なビジネスプランをたてて現地に乗込むはず。

でも雑誌やテレビでドキュメンタリー取材や
報道の仕事をしてきた私も奥野さんも
よくも悪くも企業人とは体質が違います。

ドキュメンタリー取材ではもちろん企画力や緻密な
取材計画が必要ですが、でもチャンスと思ったらまず行動!
『これはイケる!』と自分のアンテナにひっかかったら、
実現できるできないにかかわらず即アプローチ。
先を争う報道取材の世界はそれがもっと熾烈です。
個人的には、私はそういう現場は好まないのですが…。

『これはイケる!』という直感とスピード性は
ビジネスの世界でも同じですが、
経済価値(これも本当に大切です)追求のビジネスは、
同時に緻密な計画やリサーチが重要視される。
でも情報価値で動く私たちメディアの人間は
計画やリサーチに時間を費やしていると
情報が逃げてしまうことが多々あるのです。
だから、まずは行動ありき。
走りながら考える体質になっちゃうわけです。

その“走り体質”のノリで、
家族でチェンマイ移住を決めてしまった私たち。
失敗したらどうするなんて考えない。
リサーチして尻込みするより、現地に飛ぶ、動く。
無計画、無責任、無謀といわれようが、
子どもがかわいそうと思われようが関係ない。
自分たちの人生は自分たちで切り開いて当然。
長年のフリーランス暮らしとメディアの仕事現場で
築いてきた生き方は今さら変わらないのです。

ただそんな私たちでも例外的に、
入念な事前リサーチをしたことがあります。
子どもたちの学校をどうするかです。
チェンマイ移住を考え始めた理由のひとつに、
子どもたちの教育問題がありました。
学級崩壊や子どもたちのモラルの低下、
異質なものを排除しがちな日本の教育現場の現状に
希望がもてなかった私はチェンマイに行ったら
娘と息子を国際的な教育環境で
学ばせてあげたいと思っていました。

そこでチェンマイのインターナショナルスクールを
ネットで片っ端からチェックして、
学校の比較を始めました。
学習環境、教育方針、規模、英語の補習クラス、
そして気になる学費…。

チェンマイには当時、すでに5校の
インターナショナルスクール(以下インター)がありました。
これにはもうびっくり!
人口20万人規模の北タイの都市に
インターが5校もあるなんて、一体どういうこと…?
そんなにチェンマイって国際都市なの…?

そんな疑問はさておいて電子辞書を片手に
各インターのホームページを見ていると、
英語100%の世界にちょっと緊張してしまいます。
“International Education for Global Citizens”
“Learning through diversity”
“World class facilities in a safe and beautiful natural setting”

どこの学校もあこがれを誘うような
英語のキャッチコピーを並べ立てています。
ウェブを見ると緑豊かなキャンパス、
美しいスイミングプール、コンピュータルーム、
真剣に授業を受ける学生たち、
生き生きとアウトドア活動をする学生たち、
タイ、日本、韓国、アメリカ、カナダ、オーストラリア、
イギリス、フランスなどの国旗を掲げる
多国籍、多文化の学生たちの顔、顔、顔…。

日本人って、こういう世界にいまだに弱い。
私にも少なからずそういう傾向があります。
「こんな学校に通って、いろんな国の友だちをつくって
英語で授業、英語で日常会話しちゃったりして…」
私が通うわけでもないのに、親の方が勝手に
想像力を膨らませ、つい浮き足立ってしまいます。

学費もピンからキリまでですが、日本の私立の学校と同額くらい。
学校にもよりますが、日本のインターに比べれば
同程度か半額以下。
「なるほど、子ども2人を私立に入れる覚悟で
タイのインターに通わせるってことね…」
私はひとりでブツブツいいながら、
電卓を叩いてみたりするわけです。

そんなことをしているうちに
自分たちは本当に日本を離れて
チェンマイという未知の土地で
新しい暮らしをゼロから立ち上げるんだと
実感がわいてワクワクしてくるのでした。

とにかく学校はネット情報だけはわからない。
そうだ! 奥野さんが6月に番組制作の下調べと
現地の下見に行く予定なので、
そのときにしっかり学校訪問してきてもらおう。
学校以外にも現地での家も本気で探さなきゃいけないし、
病院のこと、保険のこと、自分たちのタイ語の学校のことなど
とりあえず最低限のことはチェックしておかなければ…。

そして肝心なことに気づいたのです。
滞在許可証、つまりのビザのことです。
これをクリアーしないことには
子どもたちの学校の入学手続きだって
スムーズに進められないし、現地で車も買えない。
移住計画は動き出したものの、
実はこのビザ取得がこれまた難関だったのであります。

(この続きは次回、12月24日です。おたのしみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)