夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第21回 “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!

“夢語り人“のパートナー、奥野さん。
アフガニスタンでの撮影取材中にワンショット。


「不言実行」をもじって「有言実行」と言うことがありますが、
私のパートナーの奥野さんはまさにそういう男です。

自分がこうしたい、こんな計画をもっているということを
遠慮なしにどんどん周囲の人に喋っちゃう。
実現の可能性が高かろうが、低かろうが関係ない。
突拍子もないと思われようが、
呆れられようが、そんなことはぜ~んぜん気にしない。
この人、ちょっと慎重性に欠けるのですが、
よく言えば神経が図太い、面の皮が厚いとでもいいましょうか…。

ものごとを計画的かつ慎重に考え、
気配りを絶やさない私なら、
(上の文には異論反論がどこからか聞こえてきますが…)
「実現の可能性が低いから、口外するのはやめとこう」と
遠慮するようなことでも、奥野さんはおかまいなし。

そんな調子で彼は久々に再会した妙子さんの前で
どうやら「チェンマイ移住計画」の夢を熱っぽく
喋りまくったようです。

「チェンマイ移住計画」といっても
日本を離れて、新しい土地で未知の可能性にチャレンジしたい。
子どもたちに日本ではできない経験をさせてあげたい。
タイでさまざまなテーマを取り上げて、
写真家として、物書きとして面白い仕事をしたい。
ただ漠然とそんなことを考えていた程度で、
私たちに具体的な仕事のあてや明確な計画が
あったわけではありません。
それなのに奥野さんはもっともらしく言うのです。
「妙子さんに僕らの夢をとうとうと語ったよ!」と。

“僕らの夢”っていったって、
まだ仕事のあてすらないし、
現地で家族4人がどうやって食べていくかも
まったく目処がたっていないのに、どーするんだろう…。
夢ばかり語っても、呆れられるのが落ちなのになあ…。
私が「アンダーザツリー展」の会場で走り回っているときに、
彼は一体どんな大風呂敷を広げたんだろう…。
私のパートナーは、こりゃ、半ペテン師かあ…?
内心、私もちょっと彼の行動に半信半疑でした。

とはいえ大風呂敷を広げるだけ広げまくって、
なにしろ妙子さんの関心を一挙に
引きつけてしまったのですから。
さすが関西の商売人の息子です!

それからまもなく2004年のお正月気分も抜けた1月下旬、
奥野さんと私は神奈川県磯子のホテルで、
妙子さんと彼女の同僚と改めて会っていました。
冬の磯子海岸を眺めながらお茶を飲み、
それぞれの子どもの話で盛り上がった後、
話題はバーンロムサイの子どもたちのことや
チェンマイ移住計画の話に発展。

「自分たちは家族で、長期計画でチェンマイに住みたい」
「チェンマイを拠点にバーンロムサイの支援もしたいし、
北タイはタイの中でも独自の文化をもっていて、
山岳民族の人々の暮らしにも興味あがる…。
ゾウのことも取材したいし、
さまざまなメディアを使って情報発信したい」
「これからアジアはすごく面白くなる…」

そんな話で盛り上がっているとき、
妙子さんから彼女がプロデューサーをつとめている
ep放送とアジアプロジェクトの説明がありました。


ep放送は2001年にパナソニック、東芝、日立、WOWOWなどが
出資してできたジョイントベンチャーの会社。
(詳しくはWikipediaなどのep放送参照)
2004年12月からCSデジタル放送で
ハイビジョン放送をはじめることになり、
ニュースドキュメンタリー番組の放送も準備中だといいます。
そのドキュメンタリー番組のテーマは「アジア」。

中国、韓国、シンガポール、フィリピン、インドネシア、
タイ、インドなどに拠点を置く日本人に依頼して
在住日本人の視点でその国の経済、文化、自然など
観光では見えない世界をリポートしてもらう
ドキュメンタリー枠なのだそうです。
「へえー、面白そうなプロジェクト!」と言った
私の隣で妙子さんがこう切り出しました。

「おふたりがチェンマイに移り住むのなら、
ep放送のこのプロジェクトのために、
力を貸してもらえないかしら。
タイに関して毎月30分の
ドキュメンタリー番組を制作する仕事。
奥野さんと佐保さんの仕事ぶりは
南アフリカのミュージカルや
社会背景の報道で私も十分わかっているから、
今回のプロジェクトには最適の人たちだと
上司にも太鼓判を押せる。
今度は映像の世界でアジアをテーマに
いっしょに仕事をしましょうよ!」

私たちは妙子さんからの思わぬ話にびっくり。
よくよく聞いてみると、2004年12月の放送開始に向けて
アジアプロジェクトの準備で動き始めていたときに、
バーンロムサイの「アンダーザツリー展」の
招待ハガキが私から妙子さんのもとに届いたそうです。
それでオープニングパーティーに出向いたら、
奥野さんが「チェンマイ移住計画」の大風呂敷を広げ、
それがプロデュサー、妙子さんのアンテナにひっかかったのだと。
それで私たちにep放送のアジアプロジェクトの
タイ担当として白羽の矢を立てたということでした。

ただ、こんな話はひと昔前では考えられないこと。
カメラ機材や編集機器の技術が進歩して、
大規模な制作チームでなくとも
映像制作が可能になった時代だからこそ、
持ち上がる話です。

妙子さんはこうも言いました。
「このアジアプロジェクトでは
番組の規模や技術力よりも制作者の視点のユニークさ、
その人独自のネットワークの面白さを大事にしたい。
大勢のテレビクルーで大型番組を作るのではなく、
ep放送はもっとゲリラ的な番組づくりをしたい。
だからドキュメンタリー畑で実績を積んできた
お2人の視点とネットワークに期待したいの」


チェンマイ移住を漠然と考えていた
私たちにとって、これはまさに渡りに船!
こんなタイミングのいいことってあるんでしょうか!?
会社の正式決定はまだとはいえ、プロデューサーの
妙子さんが強く押してくれるとあらば、
まずは鬼に金棒です。
奥野さんも私もこの時、何か見えない歯車が
ガタンと動き始めたのを感じていました。

それからまもなくして予想通り、
妙子さんから連絡が入り、
ep放送としてタイに関する番組制作は
私たちに任せたいという正式依頼を受けました。
この仕事が経済的にも精神的にも
大きな後押しになって私たちは、
チェンマイ移住の準備に本格的に動き出します。

子ども2人を抱えているのに、
いつも夢物語のようなことばかり。
奥野と佐保コンビの無鉄砲さにはほとほと呆れる。
家族や友人たちから、ときどきそんな風に
ひんしゅくを買うことだって結構あります。
でも1度限りの人生なんだから、夢を追う方が楽しい!
チャレンジや冒険がある方が、人生の物語は面白い!
それが私たちの生き方なのです。

そういえば、この仕事が正式に決まったとき、
奥野さんはこんなことを言っていました。
「夢は語らないと意味がない。
夢をいろんな人に話していれば、
その夢に賛同してくれる人が必ず現れる。
その出会いが夢をもっと面白くすることにもなる。
夢語りって、夢を実現する近道だよね」

奥野さんって、今までだてに大風呂敷を
広げてきたわけじゃなかったのですねえ…。
たまには私も、“大風呂敷広げ”見習わなくっちゃ!
横浜はそろそろ梅の花が咲く季節に
さしかかろうとしていました。

(来週の木曜日、12月3日は筆者多忙のために連載はお休みです。 この続きは12月10日(木)の第22回で。いよいよチェンマイ移住準備が 始まりますが、まだまだ山あり谷あり。どうぞお楽しみに)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)