夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第19回 「生きるって素敵なこと!」

*先週は多忙のため更新できず失礼いたしました。
* 時々こんなこともあるかと思いますが、そこはご理解ください。
* 以下からが前回の続きです。


とにかくその年(2003年)の12月に開催される、
バーンロムサイの『アンダーザツリー展』の前には
名取美和さんの本を出版しなければ意味がない。
売り込みは苦手、セールストークも上手でない私ですが、
そのスケジュールを考えると、
もう迷っている暇はありませんでした。

奥野さんに紹介された編集部長を講談社に訪ねて、
私は矢継ぎ早に自分の企画をアピールします。
「とにかくこの女性の破天荒な生き方は痛快!」
「気まぐれでわがままなところが、とくにおもしろい!」
「生き方に筋が通っていて、自分に正直!」
「こんな生き方したいと思っている女性はたくさんいます!」
「わがまま人生の果てに辿り着いたのが、
 HIVの子どもたちのお母さんになること。
 これってすごい物語でしょ!」
「しかも有名な写真家名取洋之助氏のお嬢さん!」

セールストーク、結構上手じゃないか…。
と思われる向きもあるでしょうが、
それはなんてったって背水の陣ですから!
内面はデリケートなのにここぞというとき、
負けん気が出ちゃうのがどうも私の性分のようです。

初対面でしたが、W氏は“おしゃべりライター”の
熱い思いに誠実に耳を傾けてくださいました。
ラッキーだったのはW氏が美和さんのお父様、
ドキュメンタリー写真家の名取洋之助氏の仕事に詳しく、
洋之助氏自身も講談社と縁が深かったこと。

『わがままいっぱい名取洋之助』という本は
講談社ノンフィクション大賞の受賞作。
W氏はその本を15年ほど前に読まれていて、
「あの名取洋之助氏のお嬢さんなら、十分破天荒だろう」と
容易に想像が働いたそうです。
だから私の機関銃のようなセールストークが、
何の疑いもなく腑に落ちたのでしょう。

ついでに言えば私が初めて上梓した本
『マリーの選択 ~アパルトヘイトを超えた愛~』を
編集者として高く評価して下さったのも
私にとっては追い風でした。

ひと通り話を聞いた後、W氏は言いました。
「12月までに出版なら、急がなきゃいけませんね。
僕が直接編集を担当しますから、早速書き始めてください」
即決は難しいだろうと覚悟していただけに、
私は一瞬、耳を疑いました。v しかも部長自ら担当してくださるなんて!
「ありがとうございます。よろしくお願いします」と
深々と頭を下げながらも、
「やった~!」と心は秘かに小躍り。
なにしろもう他の出版社をあたる必要がなく、
即座に本命の仕事に取りかかれるんですから。

それ以降は毎日、資料集めとリサーチ、
チェンマイの美和さんとのメールのやり取り、
そして追加取材の連続でした。
2003年4月下旬には9歳の娘と3歳の息子を
奥野さんに託して1人でチェンマイに向かい、
美和さんに毎日、集中的にインタビューしました。

バーンロムサイの運営と子どもたちのケアをする
忙しい毎日ですから、彼女の仕事に気を使いながら、
時間をもらって幼少時代、お父様の思い出、留学時代、
恋愛、結婚、仕事、子育て、バーンロムサイ設立の経緯、
そして子どもたちの思いなどを
ゼロから掘り起こして行く作業です。
もっと長く滞在して取材したいと思っても、
留守宅の家族のことを考えると
子育て中の母親にとっては1週間が限度。
聞き切れなかったことはメールでのやり取りと
美和さんの来日時に時間をとってもらい
インタビューを繰り返しました。
v 原稿の執筆は子どもたちが学校と保育園に
行っている昼間と夜、息子を寝かせつけてから。
昼間の集中執筆と家事とで疲れ果て、
息子を寝かせつけるつもりが、
自分が先に眠り込んでしまうこともしばしば…。
ふと目が覚めたら娘が3歳の弟を
あやしていることが何度もありました。
「原稿書きで疲れたよー。もう限界だあ。
頭が働かないから、ママ、今日はもう寝る。
あみ(娘)、光(息子)のこと、あとはよろしく」
こういうときは幼かろうがなんだろうが、
すっかり娘に頼り切るダメ母です。

仕事から帰ってきた奥野さんは
洋服を着たまま爆睡する母親の枕元で、
小さな姉と弟が遊んでいる場面に何度も遭遇して、
あきれかえっていたようです。
ただ本を書き上げることの大変さを知っている彼は
文句も言わず、子どもたちや家事のサポートをしてくれました。

そして私はというと家族がまだ寝静まっている2時頃、
ごそごとと起き出してはまた書き始める。
こんな調子でダメ母は家族全員を巻き込んで、
ついには義理の母にまで家事の助っ人をお願いして
なんとか10ヶ月間の取材執筆期間を乗り切ったのでありました。

そしてその年の12月1日、書店に並んだのが
『生きるって素敵なこと!』でした。
『アンダーザツリー展』に滑り込みセーフで間に合って
美和さんも私もW氏も胸を撫で下ろしました。

本の帯の文章は取材がきっかけで親しくなった
故岸田今日子さんにお電話してお願いしました。
ひとつ返事で「もちろん、いいわよ!」との快諾。
「佐保さんのイメージと合わなかったら、
遠慮せずに変えていただいていいからね」とおっしゃって。
ちなみにこんなこと、フツーの女優は言いません。
それだけ今日子さんは本物の素敵な女性でした…。
今日子さんは名取美和さんの生き方を描いた拙著に、
こんな推薦文を送ってくださいました。

「美しいもの、自由な生き方を選び続けた強烈な個性が、
鮮やかに描かれている。
残酷な立場におかれた子どもたちに対する、
奉仕とは無縁の愛があって、
ご本人(名取美和さんのこと)は「余計なお世話」と
おっしゃるかもしれないけれど、感動する。」
                     岸田今日子

彼女の鋭い感性と独特のユーモアで
見事に切り取られた推薦文。
亡くなられた今となっては、この文章は私にとって
かけがえのない言葉の贈り物となってしまいました…。

そして『生きるって素敵なこと!』の取材と執筆を通じて、
私は美和さんの喜び、孤独、迷い、希望を深く知り、
その潔い生き方にますます共感するようになり、
バーンロムサイの子どもたちのことを
娘や息子に重ね合わせるようになっていきました。
そしていつの間にかチェンマイという土地を
とっても身近に感じるようになっていったのです…。

(この続きは11月19日(木)の第20回で。「夜逃げでチェンマイ」は これから週1回の連載、毎週木曜日の更新です。)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)