夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第18回 講談社に押し売り

開設10周年のお祝いでダンスを披露するバーンロムサイの子どもたち。
子どもたちは1ヶ月近く練習してこの日のために備えたという。


名取美和さんの生き方をどうしても本にしたい!
写真絵本「ガジュマルの木の下で」(岩波書店刊)が出版されたのち、
私は強くそう思うようになっていました。

常に自分の感性を信じて行動し、好きなことをしてきた
美和さんの人生がとんでもなく破天荒で潔い。
それはどこか素っ頓狂で笑いあり、涙あり、
それでいてちょっとさびしく、しかもあったかい。
これは「本にできる!」とライターの直感でそう思ったのです。
なにしろ私自身も自分の感性や直感を頼りに動く人ですから。

ところで今年の10月24日、私はバーンロムサイの
10周年のお祝いパーティーに行ってきました。
子どもたちの健康状態や運営ポリシー、今後のビジョンなど
10年を経ていろんなことがひとまず落ち着き、
代表の美和さんも時間的、精神的に余裕がでてきたのを感じました。

でも2001年、私が出会った頃の美和さんは
スタッフの先頭をきって走りまわっていました。
薬でエイズの発症を抑えられるようになった今と違って、
当時は亡くなっていく子が何人もいました。
その頃、彼女から聞いた忘れられない言葉と自分の思いを
私は写真絵本「ガジュマルの木の下で」にこう書き残しています。

「ここで子どもたちといっしょに暮らしていると、
死や病気などに対して自分がすごく敏感になっていくの。
だからホームの誰かが風邪をひいたと聞くと、
一瞬ドキッとするんです。
免疫力の弱い子どもたちにとって、風邪は大敵。
そういうときはとにかく無事に、治ってほしいと祈るような気持ち。
そして元気になると『本当によかった!』と
心から回復を喜んでしまう。
ホームをはじめる前はなんとも感じなかったことが、
今では大きないみをもっているんです。
それが“いのち”ってこと、
“生きている”実感ってことかしらね…」
風邪にまつわるこのエピソードに、
私は何か胸を突かれるような衝撃を覚えた。
わが子が熱でうなされているとき、私の脳裏を
「死」という一文字がよぎったことがあっただろうか。
祈るような気持ちで看病にあたったことがあっただろうか。
治って当然、治らないわけがない。
そんな傲慢な思い込みの上に、
母親の私は胡座をかいていたのではないだろうか…。
    (『ガジュマルの木の下で』より/佐保美恵子)


美和さんのそんな「いのち」に対する思い、
子どもたちとのドラマをどうしても私自身の
感性と視点を通して書き残しておきたかったのです。
誤解を恐れずに言えば、
私にしか書けない美和さんと子どもたちを描きたかった。
そう思い始めるともうブレーキが利かなくなるのが、
私の困った性分。
寝ても覚めても「どうやって本にしようか…」、
「どんな風に描くのがいいか…」と
そんなことばかり考え始めます。

ただ出版社から本を出すのは簡単なことではありません。
出版社だってビジネスですから、電卓をはじくわけです。
その本が売れる見込みがあるかどうか…。
大手出版社だとそのハードルはなおさら高い。

とにかくその年(2003年)の『アンダーザツリー展』会場で本を売る。
それは本を書くにあたって、私が自分に課した必須条件でした。
そうすれば本を通してバーンロムサイのことを
広く伝えられるし、展覧会との相乗効果は大きい。
おまけに本販売の好機があれば出版社もOKしやすい。
でも12月の初めには本が出来上がらないと、
『アンダーザツリー展』には間に合いません。
取材、構成、執筆、校正、印刷という本づくりの工程を逆算すると、
グズグズしている暇はありませんでした。

大手の出版社が希望だけれど、
即決してくれるデキる編集者がいないと話にならない。
最初の本を出した文藝春秋の編集者がまず頭に浮かびましたが、
彼女は当時、一般書籍とは違う部署に移動していました。
どう動くべきか、ちょっと悩んでいるときに
力を貸してくれたのがパートナーの奥野さんでした。
以前、彼が仕事をした講談社のベテラン編集者が書籍の責任者で
誠実で熱意のある人だから訪ねてみたらというのです。
「彼なら素晴らしい編集者だし、決定権もあるから
Goかどうか話は早いと思うよ」
それなら一か八かあたって砕けろ、です!

こういうとき、私は必ず事前に自己紹介をかねて
自分の作品や仕事を先方に送ります。
1994年に上梓した最初の本『マリーの選択』(文藝春秋刊)や
雑誌に書いた著名人の人物評の記事に
手書きの手紙をそえてその編集者に届けました。
手紙には「ぜひ会って話を聞いてほしい」と
ラブコールの念押しです。
奥野からも『よろしく』の電話を入れてもらい、
私は編集者を講談社に訪ねました。

美和さんの生き方がどれほど面白いか、
バーンロムサイの活動のこと、
それを本にする意味、そしてもちろん販売の見込みも
しっかりとアピールしてできるだけ早く決断してもらう。
このことを自分に強く言い聞かせて、ミーティングに臨みました。
ダメならすぐに頭を切り替えて、他の出版社をあたる。
こんな風に書くと自信満々に見えるかもしれまんが、
営業など大の苦手な私は、内心ドキドキでした。
なにしろ初対面の編集者に原稿も書かないうちから、
「絶対にいい本になります、売れます!」と
強気で売り込まなければならないのですから。
それはもう、半ばペテン師の押し売りみたいなもの。
でもそんなことで躊躇している場合じゃない!

(この続きは11月5日(木)の第19回で。「夜逃げでチェンマイ」は これから週1回の連載、毎週木曜日の更新です。)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)