夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第17回 アンダーザツリー展 と写真絵本

写真絵本「ガジュマルの木の下で」。バーンロムサイ経由で
この本を購入すると、売り上げの一部は子どもたちの支援となる。


「うちの子どもたちの絵って想像力に溢れていて、すごく面白いのよ。
子どもたちの絵と写真家の作品とで、そのうち展覧会が開けたらいい…」
名取美和さんからそんな話を聞いたのは、
彼女とバーンロムサイを初めて訪ねた2001年6月。
展覧会で子どもたちの創造の世界を見てもらうと同時に
彼らの絵を販売してバーンロムサイの運営資金を稼ぎ出す。
それが美和さんの発想でした。

それから2ヶ月後、美和さんから
「東京・六本木で展覧会を開く」という知らせを受け、
奥野さんも私も応援団に加わって、その準備に巻き込まれていきます。
“巻き込まれる”といっても、強制されたわけではなく、
「子どもたちの絵と写真のジョイント展は名案だし、
それがHIVの子どもたちの支援になるなら、私たちも手伝います!」
そんなボランティア感覚で参加したのです。
私たちの娘と息子と同じ年の子どもたちも
バーンロムサイには何人かいました。
私も奥野さんも子どもたちのことを他人ごとには思えず、
彼らのために何かできればいいなあと考えていたからです。

奥野さんは子どもたちの生活風景、日々の表情などを
撮影するために再度、1人でバーンロムサイを訪問。
東京・六本木の展覧会会場は主旨に賛同した
オーナーが無料で貸してくださり、
DMなどのデザイン関係はグラフィックデザイナーの
名取美和さんのお嬢さんが担当。
会場内のデザイン、会場設営、写真プリント費用などは
美和さんの友人たちのネットワークで手弁当で進められました。

12月、準備と会場設営が手探りではじまり、
奥野さんと私はおもに写真展示の設営をサポート。
美和さんや関係者といっしょに会場で働きながら、
会場で忙しく働く全員が強烈な磁力をもった
パワーに巻き込まれて動いているのを私は感じていました。
どういったらいいのでしょう、それは不思議なポジティブパワーでした。

子どもの絵の展覧会は経験なし、資金なし、
あるのは子どもたちの絵と写真と場所と友人のネットワーク。
たとえ壁があろうとも、そんなことはおかまいなし。
とにかく「できる!」と信じてチャレンジする。
チャレンジするからには楽しく、かっこよくやる。
それが美和さんのスタンスでした。

30人近いHIVポジティブの子どもたちに対しての
悲壮感や哀れみは彼女からはまったく感じられません。
HIVというハンディを抱えていても、力強い絵を描ける
子どもたちをむしろ彼女は誇りに思っていました。
「うちの子どもたちの創造力、すごいでしょ!」
「絵を通して子どもたちが自分の世界を表現できるって素晴らしい!」
そういう言葉ばかりが美和さんから飛び出してくるのです。
“仕掛人”の美和さんのそういう思いがまわりにも伝わって
それがポジティブパワーの大きな渦になっていました。

そして子どもたちの絵は、確かに力強かった。
画用紙と絵の具という面白い “おもちゃ”を初めて手にして、
子どもたちがそのおもちゃで夢中で遊んでいる。
そんな描く喜び、楽しさ、戸惑いがどの絵にも溢れているのです。
計算のない、型にはまらない子どもたちの絵は、
娘の小学校の展覧会で見た日本の子どもたちの絵とは
根本的に底力が違っていました。

それでも美和さんが子どもたちの絵に何万円もの
値段を付け始めたときには私もびっくり仰天。
名前のあるアーティストではなく、無名の子どもたちの絵です…。
「いくらなんでもちょっと高すぎるんじゃない…」
「その値段じゃ売れないと思う…」
美和さんの友人たちの間からもそんな声がありました。

ところが美和さんははっきり言い切ったのです。
「この値段でいいんです! 
絵の力がわかる人なら必ず買ってくださるから。
そういう人はこの値段に納得して買います。
売れ残ったら、それはそれで仕方ないじゃない。
とにかくこの絵画展で稼ぎ出さなくっちゃ!」
一点の曇りも迷いもない、気持ちいいほど潔い言葉でした。
そのひとことで周囲の不安は一掃され、
展覧会に向けての私たちのモチベーションが
ますます高まっていったのです。

わずか6日間の会期中、「アンダーザツリー展」には
1200人以上の人々が来場。
出品した200点の絵のうち9割が売却という予想以上の大成功。
そして売り上げはすべてバーンロムサイの運営資金に回されました。
任意の寄付ではなく子どもたちの絵に自ら値段をつけて
販売するという独自の発想にいくらか抵抗感を
抱く人たちがいたのも事実です。

そんな声に対して美和さんはきっぱりと言いました。
「企業や個人の寄付だけに頼る運営はしたくない。
先方の都合で寄付がなくなり、ホームの財政が
たちゆかなくなったら子どもたちに申し訳ないもの。
彼らの将来も考えて、今後は私たちも自活の道を拓いていかなければ。
この活動は続けなければ意味がないんです。
だからこそ絵にきちんと値段をつけて買っていただき、
子どもたちの夢を実現するためにも計画的な運営をしていきたい」

自分がいいと思ったことは貫き通す。
自分の直感力や感性を信じて疑わない。
展覧会「アンダーザツリー展」を通して、
私は美和さんのそんな生き方に強い共感を覚えていました。
この2001年12月の第1回「アンダーザツリー展」の副産物が、
美和さんの文、夫・奥野さんの写真、私の編集協力という
コラボレーションで生まれた
写真絵本「ガジュマルの木の下で」(岩波書店刊)だったのです。
名取美和さんの生き方にますます興味をもった私は、
写真絵本の制作だけでは飽き足らず、
今度は彼女の破天荒な人生を本にしようと動き出します。
自分がいいと思ったことは貫き通す。
自分の直感力や感性を信じて疑わない。
そう、なんてたって、それが大事なんですから!

(この続きは10月29日(木)の第18回で。「夜逃げでチェンマイ」は これから週1回の連載、毎週木曜日のアップとなります。)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)