夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第15回 名取美和さんとの出会い ①

2002年、名取美和さんとバーンロムサイの子どもたち。
バーンロムサイは今年で開設10周年を迎える。光陰矢の如し!


「夜逃げでチェンマイ」第6話で、
名取美和さんの家について少し紹介しましたが、
美和さんに初めて会ったのは2001年6月でした。

人との出会いによって人生が大きく
変わることってありますよね。
そういう意味で、名取美和さんは私たち家族の人生を
ぐる~んと大胆に変えた人のひとりです。
ご本人は多分、その自覚はまったくないでしょうけれど。
なにしろ美和さんとの最初に出会いがとっても楽しかった。
奥野さんに「すごくユニークで素敵な女性」だと
事前に聞いてはいましたが、やはり知らない人ですから、
初対面のときは私だって、それなりに緊張するわけです。

ライターという職業柄、日本では雑誌や本の取材で映画監督、
俳優、ミュージシャンなど有名人にもときどき
インタビューすることがありました。
映画監督の大島渚さん、俳優の渡辺謙さん、故岸田今日子さん、
今日子さんの友人のモックン(本木雅弘さん)、
そういえば来日中のオノヨーコさんも取材しました。
そんな仕事をしていると社交的で物怖じせず、
押しの強い性格と思われがちなのですが、と~んでもない。
初めての人に会うとき私は、結構緊張するタイプなのです。

名取美和さんに初めて会うときもそうでした。
当時、20人近いHIV感染の子どもたちを引き取り、
ゼロから子どもたちのホームを(「バーンロムサイ」には
施設という言葉が不似合いなので「ホーム」と呼びます)
立ち上げて奮闘していた女性です。
ものすごくパワフルで使命感に燃えていて、
“頑張ってる女性活動家”をどこかで想像していました。

ところがそのイメージが、初対面で見事に裏切られました。
その裏切られ方がとっても心地よかった。
初めて会った人という感じが全然なくて、
久しぶりに懐かしい友人に会ったような印象でした。
小柄な体にロマンスグレーのベリーショートの髪、
鼻にかかったような声とよく笑う眼鏡の奥の目…。
大変な状況の子どもたちを大勢抱えているのに、
美和さんの人柄には気負ったところが全然なく、
なんだか5月の風のように爽やかだったのです。
私がそれまでに出会っていた使命感溢れる
NGO関係者とはまったく異質の人でした。

夜、高床式のゲストハウスのテラスで満天の星を眺めながら、
ビール片手にいろんな話をしました。
彼女の生い立ち、若い頃過ごしたヨーロッパの話、
チェンマイにたどり着くまで、
なぜ『バーンロムサイ』を始めることになったのか…。
(詳しくは拙著『生きるって素敵なこと!』を読んで下さい)

私も自分の生い立ち、フランス遊学時代のこと、仕事の話
アフリカ取材のこと、子育てのこと、父を亡くしたこと、
それらがつながってチェンマイに来たことなどを
とりとめもなく話しました。
私よりも12歳年上の女性だけれど、雑誌の仕事でお互いに
『マガジンハウス』につながりがあったり、
ヨーロッパ体験から似たような視点で
日本のことを見ていたりと随分話が弾んで
時が経つのも忘れるほどでした。

そして何より私が「いい感じだなあ」と思ったのは、
美和さんについての雑誌記事に対する彼女の反応でした。
私が持参した週刊誌の記事には
名取美和さんについてこう書かれていました。
「HIV感染孤児、育てる日本人母。
仕事捨て、タイで孤児の家開いた生き方……(中略)
名写真家・名取洋之助氏の娘でもある女性は、第二の人生を賭けた」
雑誌の見出しにありがちなオーバーな文章に、
彼女は苦笑いしながら言いました。

「私、ぜーんぜん “日本人母”って柄じゃないし、
献身的な母親でもない。それに仕事も捨てていませんよお。
だって仕事捨てたら、食べていけにもーん。
“第二の人生を賭けた”なんて、そんな大それたことじゃないの。
子どもたちといっしょに暮らすのが楽しいから、
この活動をしているのに、どうしてもこうも大げさな
お話になってしまうのかしらねえ…」

茶目っ気たっぷり、でも率直な彼女のこの言葉に
私はとても共感を覚えたのです。
美和さんの言動は「使命感」「奉仕」という言葉とは無縁で、
もっと自由で肩の力を抜いた感じでした。
「…しなければならない」「…すべき」という生き方ではなく、
「…したいから、…する」という、悪く言えばわがままで
よく言えば自分に素直な生き方。

それはどこかで南アフリカ取材時代の私自身に
共通するものでもありました。
1988年の終わりから6年間、アパルトヘイト時代の南アフリカに
通って社会の動き、音楽、演劇、伝統文化など
面白いと思うものを夢中で取材しました。
(南アフリカ時代については「夜逃げでチェンマイ」第11回)
そのどれもが当時の南アフリカでは
反アパルトヘイト運動、人権問題につながっていました。
でも私も奥野さんも「黒人たちの人権獲得のために!」とか、
「アパルトヘイト反対運動を支援するために」という
使命感を背負って取材を続けたわけではなかったのです。

そういう使命感溢れる活動家やジャーナリストにも、
現地では随分出会いましたが、
でも私の場合は絶対的に好奇心の方が大きかった。
自由を求める人々のエネルギーに圧倒され、
その姿を美しく尊いものと感じたから、それをなんとか伝えたかった。
アパルトヘイト反対と自由平等の問題は
その結果としてついてきたこと。
「伝えなければならない」という使命感からではなく、
「伝えたい」というもっと素直で単純な思いだったから
無謀だと言われようとも、ちょっと違うと思われようとも
お金に困ろうともなんとか工面して
南アフリカに通い続けられたのだと思います。
何事も楽しくなければ続かないし、夢中になれない。

もちろん何かに夢中になるときはその中に
落ち込むことも、哀しいことも、失望することだってあります。
いいことばっかりのわけはない。
『バーンロムサイ』の活動だってそうです。
ただ活動の基本に『楽しい』とか『面白い(interesting)』が
あるってすごく大事だし、素敵なことだと思うのです。
今、考えてみると私自身に南アフリカでの
そんな体験があったからこそ、
美和さんの生き方や『バーンロムサイ』への取り組みに
響き合うものを感じてとても共感を覚えたのでしょう。
こんな風に自分に正直な生き方をしながら、
それがユニークな社会活動になるって、
うらやましいなあと思いました。

そしてふと日本での自分の現実を振り返ったとき、
「あぁ、私って随分、無理してるなあ」と感じたのです。
仕事、子育て、人間関係もとくに大きな問題はばいけれど、
何かが違う、自分の思い描いている生き方ではないなあ…と。

(この続きは10月19日(月)の第16回で!
「夜逃げでチェンマイ」は週2回、月曜日と木曜日にアップされます。)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)