夜逃げでチェンマイ

700年の歴史をもつタイの美しい古都チェンマイ。
緑のステープ山、市中に点在する古寺の数々、
賑やかなマーケット、オシャレなカフェやレストラン…。
日本でいえば京都のようなこの街に
2004年10月17日、ある日本人家族が降り立った。
写真家・映像作家の奥野安彦とライターの佐保美恵子、
当時11歳の娘・藍海(あみ)と4歳の息子・光(こう)の四人連れ。
長年暮らした横浜の住まいも車も、きれいさっぱり整理して、
雑誌の仕事にも潔くサヨナラし、
新しい「人生の物語」をこの北タイで始めるために。
移住5年目にして初めて明かす、
試行錯誤と七転八倒、笑いと涙のチェンマイ暮らしの物語。
友人たちを巻き込み、呆れさせ、ついには同情を買い、
それはまるで「夜逃げ」のように始まった…。

プロフィール

もくじ

第34回  夜ごとの荷造り珍騒動②
2010-05-21-FRI
第33回  夜ごとの荷造り珍騒動①
2010-05-14-FRI
第32回  強行スケジュールと送別会の連打。
2010-04-22-THU
第31回  番狂わせで、ふと我に立ち返り。
2010-04-10-SAT
第30回  蝦夷で暮らすも一生、
江戸で暮らすも一生。
2010-03-27-THU
第29回  働くダメ母、日本で奮闘!
2010-03-18-THU
第28回  一家の大黒柱、チェンマイで奮闘!
2010-03-04-THU
第27回  怪しい男2人組、いざチェンマイへ。
2010-02-25-THU
第26回  ぎりぎりセーフで報道ビザ、ゲット!
2010-02-11-THU
第25回  娘の英会話スクール、
費やしたあの時間とお金は何処に…?
2010-02-04-THU
第24回  家族そろって予防接種“大会”。
2010-01-21-THU
第23回  一か八かの報道ビザ申請。
2010-01-09-THU
第22回  チェンマイ移住計画、急進展!
2009-12-17-THU
第21回  “大風呂敷男”の夢語り、道を拓く!
2009-11-26-THU
第20回  アンダーザツリー展で旧友と再会
2009-11-19-THU
第19回  「生きるって素敵なこと!」
2009-11-12-THU
第18回  講談社に押し売り
2009-10-29-THU
第17回  アンダーザツリー展 と写真絵本
2009-10-22-THU
第16回  名取美和さんとの出会い ②
2009-10-19-MON
第15回  名取美和さんとの出会い ①
2009-10-15-THU
第14回  「いのち」というテーマ ②
2009-10-12-MON
第13回  「いのち」というテーマ ①
2009-10-08-THU
第12回  第3の転機、父の死
2009-10-05-MON
第11回  2度目の転機、南アフリカ取材
2009-10-01-THU
第10回  最初の転機は1年間のフランス遊学
2009-09-28-MON
第9回  日本の教育に「???」
2009-09-24-THU
第8回  日本の暮らしに「???」②
2009-09-21-MON
第7回  日本の暮らしに「???」①
2009-09-17-MON
第6回  家さがし、“物語”のコトハジメ
2009-09-14-MON
第5回  バーンロムサイで「だるまさんが転~んだ!」
2009-09-10-THU
第4回  すったもんだでバンコク着
2009-09-07-MON
第3回  一家4人、国際線に乗り遅れ!
2009-09-03-THU
第2回  写真絵本「ガジュマルの木の下で」
2009-08-31-MON
第1回  極楽トンボの思いつき
2009-08-27-THU
第11回 2度目の転機、南アフリカ取材

南アフリカ、ズールー族の王様の結婚式の取材も超刺激的だった。
伝統的な衣装を着た長老たちの祝いの踊りは圧巻!


2度目の大きな転機は1990年前後に夢中になった
南アフリカでの取材でした。
正確に言えば南アフリカとの最初の出会いは、1988年9月。
ニューヨークのオフブロードウェイで観た
南アフリカの黒人ミュージカル「サラフィナ!」です。
当時の私は30歳を前にひとつの壁にぶつかっていました。
ライターとしてどんな仕事をしたいかがわからなくなり、
おまけに厄介な恋愛問題も抱えていました。
リフレッシュ休暇で自分を見直そうと1ヶ月間ほど1人で
ニューオリンス、フロリダ、バハマ、ニューヨークを点々とします。
そんなとき友人の勧めで観た「サラフィナ!」が
グズグズ悩んでいた私の頭に激烈な一撃を浴びせます。

ステージの上で弾ける若い役者たちの笑顔、涙、飛び散る汗、
そして圧倒的に迫ってくる歌とダンス…。
それは「コーラスライン」や「キャッツ」のように
洗練されたミュージカルではなく、もっと泥臭くて
アフリカンビートの利いた骨太なものでした。
ただ強烈だったのはショービジネスの世界とは異質の
鬼気迫る 役者たちのエネルギー。
それがアパルトヘイト(人種隔離政策)反対を
訴える彼らのソウル、「心の叫び」だった…。
十代半ばの褐色の若者たちのエネルギッシュな歌とダンス、
そしてまっすぐな鋭い視線の前で自分の悩みが
ものすごく小さなものに思えたのです。
舞台が終わったあと私はシートから立ち上がれず、
なぜか涙がこみあげてきました。

帰国後、南アフリカの同じ劇団のミュージカルを
オーストラリアで見て衝撃を受け、
役者たちに会いに行くというフリーランスの
写真家を紹介されます。
それが今の夫の奥野安彦さんでした。
1988年12月、私は仕事仲間となった彼と彼の友人とともに
南アフリカ、ジョハネスバーグに拠点を置く劇団
「コミッティド・アーティスツ」を訪ねていました。
詳しい話は私の最初の本「マリーの選択」に書いたので、
それを読んでいただきたいのですが、
とにかくもう衝動的としか言えない行動でした。
取材した事実や写真をどの雑誌に掲載するとか、
取材経費はどうするとかまったく無計画。
悩んでいても仕方がない、まず行動ありき取材ありき。
これがドキュメンタリー写真家の奥野さんのスタンス。
私はいい意味で、彼の口車に乗せられて、
貯金を叩いて現地に飛んだのでした。

1990年2月、伝説の人物だったネルソン・マンデラ氏が
政治犯としての27年間の刑務所生活から釈放され、
アパルトヘイト政策の廃止に向けて、
南アフリカの歴史がドラスティックに動き始めます。
そして私たちの「コミッティド・アーティスツ」の取材も、
自由のために闘う人々の取材へと発展していきます。
歴史の大きな転換期を迎えたホットな現場で、
それは当然の成り行きでした。
黒人政権誕生を前に世界中のメディアが集まる南アフリカで、
奥野さんと私はカメラとビデオを抱えて走り回っていました。

黒人同士の闘争現場で目の前で死んでいく若者たち。
大事な息子を失い泣き崩れる母親や家族の人々。
20体以上もの棺を担いで犠牲者を弔う合同葬儀。
人の命がいとも簡単になくなる現場を目の当たりにして
思わず言葉を失いました。
自由のために闘う人々のかたわらで
粗末なテントの教会で祈る人々もいました。
黒人たちとの和解を拒否して、
白人だけの国を作ろうとする保守派白人の農民たち。
黒人と白人の和解のために奔走するNGOの人々や大学生たち。
自由のテーマに歌い続けるミュージシャンや役者たち。
そして黒人の夫を支えながら子どもたちの
未来のために闘い続ける南ア白人の親友マリー…。
南アフリカで出会う人々、重ねる取材のすべてが
なまぬるい日本とは別世界で衝撃の連続だった。
抗争現場の取材で身の危険にさらされたこともあります。

それでも南アフリカで懸命に生きる人々を写真とビデオと
インタビューで記録しては日本に舞い戻り、
日本の雑誌やテレビで発表し、
その仕事で得た収入を費やしてまた南アフリカに舞い戻る。
1988年から1994年のマンデラ政権誕生までの6年間、
何かに憑かれたようにそんなことを繰り返しました。
無計画な私たちの行動に呆れる友人たちもたくさんいました。
途中、貯金を取材費に使い果たして家賃が払えなくなり、
親に泣きついたことも…。
それでも南アフリカ通いをやめなかったのは多分、
伝えたい「人々の物語」が南アフリカにあったから。
歴史の大きなうねりの中で「自由」を求めて
ダイナミックに生きる人々から、
取材を通して何か「本気で生きる力」のようなものを
分けてもらっていたからかもしれません。
生半可でない鮮烈な6年間の体験でした。
この無鉄砲な南アフリカ取材がきっかけとなって、
私はライターとして人物ドキュメンタリーという
分野にしだいに力を注いでいくようになります。
その結果、書き上げたのが「マリーの選択」でした。
1994年のマンデラ政権誕生で取材に一区切りがつくと同時に
その前年の1993年、長女を出産したことで、
私の暮らしはアフリカ取材に飛び回る“動”の時代から
横浜に根を張る “静”の時代へと変わっていきます。
ただこの南アフリカでの熱い経験が私の価値観をガラリと変え、
“静”の時代にそれがゆっくりと熟成されて、
やがてチェンマイとの出会いとつながっていくのです。

(この続きは10月5日(月)の第12回で! 「夜逃げでチェンマイ」は週2回、月曜日と木曜日にアップされます。)

佐保美恵子:ノンフィクションライター&ビデオディレクター
学習院大学フランス文学科卒業。ファッション雑誌の編集をへて、フリーランスのライターに。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、 雑誌やテレビでルポを発表。1994年から子育ての傍ら、雑誌『アエラ』『サンデー毎日』『マリークレール』などで人物ルポを担当。2001年から写真家の奥野安彦(夫)とともに北タイにあるHIVの子どもたちの家「バーンロムサイ」を取材し、その活動を支援してきた。2004年10月、CSデジタルテレビの番組制作の仕事を機に、家族4人でチェンマイに移り住む。映像制作、執筆の傍ら、自分たちのウェブサイト『日刊チェンマイ新聞』を独自のメディアに育てるべく奮闘中。著書に『マリーの選択』(文藝春秋)、『生きるって素敵なこと』(講談社)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/企画編集担当)、『千の風にいやされて』(講談社)

奥野安彦:写真家&ビデオディレクター
東京綜合写真専門学校卒業。1986年から韓国に留学して韓国語を学ぶ傍ら、ソウルオリンピックまで現地の若者たちを撮影。マンデラ大統領誕生前後の南アフリカを6年間取材して、現地の人々を撮り続ける。1995年、阪神・淡路大震災発生直後から現場を撮影。1996からパラリンピックのアスリートたちの撮影に取り組み、写真集『BODY(ボディ)』(リトルモア)を出版。写真集に『ウブントゥ・南アフリカに生きる』(第三書館)、『瓦礫の風貌 阪神・淡路大震災1995』(リトルモア)、『ガジュマルの木の下で』(岩波書店/名取美和・文)、『てつびん物語』(偕成社/土方正志・文)


ホームへ
ホームへ

朝山実の「これ、読んだ」
朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための タイ、チェンマイ英語留学案内
19歳、アメリカ大学生活日記、 (チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
心、ほんわかしてきます(土曜日更新) 「ももねこ家族のチェンマイ日和」
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)
佐保美恵子の連載ノンフィクション 「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の 「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)