タイに暮らして早23年、ずっとタイ族の染織に魅せられてきた。
藍染めの青、黒檀染めのこげ茶、蘇芳の赤紫など、
アジアの自然が染め出す色は多種多彩。
浮き織、縫い取り織、綾織、つづれ織、絣など
織りの手法も民族や地域によってさまざま。

共通しているのは、織布そのものを身にまとうこと。
「着る」という洋服感覚とは違って、
アジアの空気をふんわりと抱きながら、
肩にかけたり、腰に巻いたり、頭に巻いたり…。
からだと心にうんとやさしく、うんと自由に…。

たとえば女性の腰衣は、織り幅を筒のように縫い合わせるだけ。
スタイルがシンプルな分、なんとも美しいのが織りの表現。
すそ布に凝った縫取り織をするタイ・ユワン族の人たち。
腰まわりに一番派手な模様を織るタイ・ルー族の人たち。
黒や藍を基調とした頭巾や腰衣をまとうタイ・ダム族の人たち。
民族や出身地によって、腰衣のパターンや染織手法、
好みの色が違っていて、それはそれは興味がつきない。

中国雲南省、ラオス、ベトナム北西部、タイ、ビルマなど
東南アジア内陸にはその昔、タイ族のくにぐにが広がっていた。
そしてさまざまな先住民族とまじわり、
交易や婚姻、移住によって文化が変容していった。

国境は植民地化によって、引かれた地図上の線。
そんな国境を飛び越えて、織と布をもとめて東南アジアを旅してみよう。
それぞれの土地で、どんな民族が暮らしているのか。
どういう布が織られ、どのように使われてきたのか。
人の交流で染織文化がどのように継承され、変わっていったのか。

ときには村の市場でつまみ食い、ときには辺境の村祭りで踊り明かし…。
アジアの穏やかな風を感じながら、ゆら~りゆらりとマイペース、
織と布と人々の暮らしをたどる不思議探訪、さあ、ごいっしょに。
上の写真はラオス北部ムアン・フンで織られたパーシン(筒型スカート)の模様。この地域に住むタイプアンの人たちのもので織りの緻密さ、オレンジやグリーンの色合いを好むこと、地の経糸や紋織に絹を使用していることなどが特徴。白っぽく光るジグザグ模様は、「グアック」と呼ばれる竜あるいは大蛇(水の神)を象徴している。
「こんにちは、坂本茉莉です」(プロフィール)
アジア暮らしの振り出しは大学卒業後、スラムや難民キャンプ、農村における教育支援活動を行なう「シャンティ国際ボランティア会」バンコク事務所勤務でした。仕事で訪れた東北タイの絣布や北タイの民族衣装に魅せられて、「タイの染織」という講義が開設されたチェンマイ大学美術学部タイ美術学科の聴講生に。そのときの講師の一人、パトリシア・チーズマンさんの著書「ラーンナーの染織」を日本語に翻訳。その後、チェンマイ近郊にあるランプーン工業団地の日系企業に勤務。フリーランスの通訳・翻訳業、JICAシニアボランティア(都市計画・景観保全グループ・コーディネーター)を経て、現在はチェンマイ大学修士課程地域研究科2年在籍中。タイ族の染織文化をテーマに、フィールドワークで「ガイドブックには紹介されない東南アジア辺境」を旅しては、論文の準備に忙しい日々を送っています。
地図をクリックすると大きくなります


第9話「藍を刈る」

「藍を刈る」
 10月初旬、雨季の終わりが近づく頃、私が染織を習っている工房では藍の刈取りが行われます。雨季の初めに植えられた藍は4ヶ月ほどで生長し、ちょうど雨季の終わりに藍染の材料として藍建てが行われるのです。この工房で使用するのは木藍と呼ばれるインド藍で、タイ語名は「クラーム」といいます。この他、ラオスでは琉球藍「ホム」を藍染に使うことも多いです。


チェンマイにある『スタジオ・ネーンナー』での藍染めワークショップ。
水に浸す前に、早朝に刈り取った藍を参加者で束ねる。

チェンマイのこの工房では、晴れた日の早朝から藍の刈取りを開始します。刈り取られた藍は束にして、一昼夜水に浸けておきます。翌日藍の束を取り出すときには、水は緑色になり若干腐敗臭もします。

 藍を取り出した浸液にペースト状の石灰を加えかき混ぜていくと、液の色は青みを帯び臭みも消えていきます。そのときに、リトマス試験紙で中のアルカリ度(Ph)をきちんと計り、それをもとに石灰の補充量を調節します。

 その後の作業は、タイ語で「藍を打つ」と呼ばれる作業で、工房の織り子さんや縫い子さんも総出で手伝います。藍の束を浸しておいた前述の液を小さな容器ですくい上げ、十分に空気にさらしながらまた元の容器に注いでいく作業を、腰のばねを使って手早くかつ力強く20~30分繰り返します。

 だんだん緑がかった青色の液体が濃い青に変化し、表面は泡立ってきます。さらに藍を打ち続けると、表面の泡が細かく割れてプチプチと快い音がするのです。その頃には、液体の色がきれいな群青色に変わり、表面は細かい泡に覆われます。そばで作業を見守っていた工房の先生が、OKのサインを出しました。藍を打っていた人の顔や作業服には藍色の水玉模様が…。


『スタジオ・ネーンナー』で講師のパトリシアさんが藍の打ち方 を見せる。
この作業を辛抱強く繰り返す。

このまま蓋をして2日ぐらいねかせておき、その後上澄み液をすべて捨ててしまいます。下に残った沈澱物だけをすくって陶製の甕に入れると、「沈澱藍」作りの作業はひとまず終わりです。インドでは乾燥させて保存しますが、タイでは湿ったまま保存しておきます。沈澱藍は生きものなので、その後もいろいろ世話をやかなければなりません。藍甕にはタマリンドの灰で作った強アルカリ性の灰汁を入れ、またコメで造った地酒を5~10日間毎日入れ続けるのもポイントです。「くたびれた」藍に酒をそそぐのは、日本でも行なわれている方法のようです。なんとなく人間くさく親しみがわきますね。

 日本で藍(たで藍)を刈るのは7月ごろ。紅紫色の花がまだ穂にならないうちに晴天の朝露に乗じて刈るといわれています。これを一番藍といいます。一番藍の刈取りから30日を経て刈るのが、二番藍です。茎葉を乾燥させてから発酵させ、つき砕いて固めたものを藍玉といい、これが藍染の原料になります。

 数年前、日本から来た友人を案内して訪れたチェンマイ近郊のカレン族の村で、はじめて藍の生葉染めを見ました。家の裏で育てた藍の葉を刈り取って水につけ、綿糸を入れて手で色を揉みつけていく作業でした。染まった糸の色は、露草の色のごとく淡いブルーで、縹(はなだ)色と呼ばれる色でした。

 これを地機あるいは腰機と呼ばれる機にかけて細長い布に織り上げます。その布は、女性の腰巻や男性の貫頭衣にします。日本の野良着や作務衣もそうですが、タイでも野良仕事に藍染のシャツやズボンを着ることが多かったのです。藍木綿は虫除け、まむし除けの効果があり、また通気性・保温性に優れています。


藍で染めた糸は瓶から挙げた瞬間、美しい緑(向かって右側の糸)
をたたえるが、 空気に触れるにつれて藍色に変化していく。

藍色と呼ばれる濃い青に染めるためには、藍の染料で10回以上染めなければなりません。1回ごとの染色作業で十分な染料の酸化が行なわれると、透明感のある藍色に染められるそうです。東北タイやラオスでよく使われる技法は、藍染の緯(よこ)絣で身近な自然の風物を表わした絵絣です。ちなみに、前述したカレン族は、経糸を括って染めた経絣で幾何学模様を織ります。

 藍染は色落ちの心配がありますが、本当の藍は他のものに色がつくことはありません。何度か洗濯してよい風合いが出てくると、色落ちもほとんどしなくなるのです。藍染の衣服を着ていて心地よいのは、その自然な風合いと色の褪せ具合。そして一番好きなのは、かすかに匂い立つ藍の香りでしょうか。