タイに暮らして早23年、ずっとタイ族の染織に魅せられてきた。
藍染めの青、黒檀染めのこげ茶、蘇芳の赤紫など、
アジアの自然が染め出す色は多種多彩。
浮き織、縫い取り織、綾織、つづれ織、絣など
織りの手法も民族や地域によってさまざま。

共通しているのは、織布そのものを身にまとうこと。
「着る」という洋服感覚とは違って、
アジアの空気をふんわりと抱きながら、
肩にかけたり、腰に巻いたり、頭に巻いたり…。
からだと心にうんとやさしく、うんと自由に…。

たとえば女性の腰衣は、織り幅を筒のように縫い合わせるだけ。
スタイルがシンプルな分、なんとも美しいのが織りの表現。
すそ布に凝った縫取り織をするタイ・ユワン族の人たち。
腰まわりに一番派手な模様を織るタイ・ルー族の人たち。
黒や藍を基調とした頭巾や腰衣をまとうタイ・ダム族の人たち。
民族や出身地によって、腰衣のパターンや染織手法、
好みの色が違っていて、それはそれは興味がつきない。

中国雲南省、ラオス、ベトナム北西部、タイ、ビルマなど
東南アジア内陸にはその昔、タイ族のくにぐにが広がっていた。
そしてさまざまな先住民族とまじわり、
交易や婚姻、移住によって文化が変容していった。

国境は植民地化によって、引かれた地図上の線。
そんな国境を飛び越えて、織と布をもとめて東南アジアを旅してみよう。
それぞれの土地で、どんな民族が暮らしているのか。
どういう布が織られ、どのように使われてきたのか。
人の交流で染織文化がどのように継承され、変わっていったのか。

ときには村の市場でつまみ食い、ときには辺境の村祭りで踊り明かし…。
アジアの穏やかな風を感じながら、ゆら~りゆらりとマイペース、
織と布と人々の暮らしをたどる不思議探訪、さあ、ごいっしょに。
上の写真はラオス北部ムアン・フンで織られたパーシン(筒型スカート)の模様。この地域に住むタイプアンの人たちのもので織りの緻密さ、オレンジやグリーンの色合いを好むこと、地の経糸や紋織に絹を使用していることなどが特徴。白っぽく光るジグザグ模様は、「グアック」と呼ばれる竜あるいは大蛇(水の神)を象徴している。
「こんにちは、坂本茉莉です」(プロフィール)
アジア暮らしの振り出しは大学卒業後、スラムや難民キャンプ、農村における教育支援活動を行なう「シャンティ国際ボランティア会」バンコク事務所勤務でした。仕事で訪れた東北タイの絣布や北タイの民族衣装に魅せられて、「タイの染織」という講義が開設されたチェンマイ大学美術学部タイ美術学科の聴講生に。そのときの講師の一人、パトリシア・チーズマンさんの著書「ラーンナーの染織」を日本語に翻訳。その後、チェンマイ近郊にあるランプーン工業団地の日系企業に勤務。フリーランスの通訳・翻訳業、JICAシニアボランティア(都市計画・景観保全グループ・コーディネーター)を経て、現在はチェンマイ大学修士課程地域研究科2年在籍中。タイ族の染織文化をテーマに、フィールドワークで「ガイドブックには紹介されない東南アジア辺境」を旅しては、論文の準備に忙しい日々を送っています。
地図をクリックすると大きくなります


メーチェムの「ジュラカティン」
(カチナ衣献上祭)その2

 「ジュラカティン」の行なわれた北タイのメーチェムでも、11月は秋たけなわ。山間の盆地にある村々の稲田は、黄色く色づき始めています。近づいてみると、稲の穂は重そうに頭をたれて収穫の日を待っているようです。その稲田に面したところに、この儀式が行なわれている寺が建ち、その脇に棉が植えられているのです。

少女が摘み取った綿は本堂の仏前に供えられ、幻想的な綿摘みの儀式は終了しました。この後、献上祭参加者はいくつかのグループに分かれ、夜通し綿まみれになって働きます。綿繰り担当になった私は、綿繰り機の取っ手をひたすら回し続けました。夜露を含んだ綿は繊維が固く締まっていて、綿繰り機に入れてもうまく種がはずれません。なぜ昼間から綿を干し準備していたのか、このときはじめて納得しました。

綿から種をとった後は、弓形をした「綿弓」という道具で綿の繊維をほぐし柔らかくします。それから、綿紡ぎのために綿を細い管状に丸め、糸紡ぎ作業に取りかかります。糸紡ぎは非常に難しく、何度トライしても糸がブツブツ切れてしまいます。晴れ着を身につけたおばあさんたちは、いとも簡単に綿糸を繰り出していき、指に糸が吸いついているかのようでした。


綿紡ぎを夜中まで行なう。
本堂の外では紡ぎ終わった糸を使って、織の作業も始まっていました。夜通し各作業が続けられ、明け方近くからは織りあがった白い綿布を、衣に縫い合わせるグループの作業開始です。縫い物が苦手な私は、眠気覚ましに本堂の外に出てみました。

バナナの葉や色とりどりの花を飾りつけた割竹柵の囲いの中で、草木染めの準備が整っています。ジャックフルーツの幹芯を煮た染液の鍋。鬱金の根を細かく砕いたものに、オトギリソウ科のガンボウジノキの未熟果実(鬱金染めの定着剤として使用)を砕いたものを加え、布で濾した染液。献上する僧衣は、昔から伝わる染料によって渋い黄色に染められます。


僧衣のための黄色い染料を作っているところ。

 午前4時49分、新しく建立された本堂のご本尊様に心臓を入れる儀式がありました。このご本尊はタイで最大の総チーク材製仏像。膝幅(坐仏の左右の膝端までの間隔)が3.5メートルもあるそうです。仏像の心臓は、銀細工に金箔を張り付けたもので、菩提樹の葉に似た形をしています。数枚垂れ下がった葉状のものは、それぞれ腎臓やすい臓など人間と同じ臓器をかたどっているとのこと。

 数人がかりで仏像の裏にのぼり、心臓を入れる入り口から無事入れ終わりました。そのあと、心臓を入れた仏像から僧侶、儀式の参列者全員をつないだ聖糸を手に持って、僧侶の読経を拝聴します。読経が終わると各自自分の持っていた部分の糸を切って、お互いの手首に結び合います。この聖なる糸を体につけていれば、悪霊や災いから免れるという信仰があるのです。


中央の人物が持っているのは、本尊の体内に納める心臓。
 午前8時半過ぎ、仮眠から目覚めてぼうっとしたまま、カチナ衣献上祭のハイライト、献上行列を見に行きました。完成した衣は、献上祭会場の寺から少し離れた地区に運ばれ、そこから踊り子を先頭にして行列が稲田の畦道を進んでいきます。太鼓や銅鑼のお囃子に合わせて、身をくねらせる独特の踊り。赤や黄色の幟が稲田の畦道を行く様子は、なぜか懐かしく、昔見た黒澤映画のロケシーンのように思えました。

 広々とした稲田と乾季特有の澄み切った青い空。行列に加わっている地元のおばあさんたちは、自分で織った晴れ着の腰衣を身につけ、髪に結った髷には色鮮やかな花を飾っています。晴れ着の腰衣は、黄色を基調として赤や紺、オレンジの色糸が織りこまれているので、それだけ見るとかなり派手な色調ですが、緑豊かな自然を背景にすると全く違和感がなく、かえって布の美しさが引き立ちます。隣でバチバチ写真を撮っていたバンコク出身の青年は、畦に足を取られて田んぼにころがってしまいました。


行事も最終段階、カチナ衣の寄進行列が稲田の中を進んでいく。

 献上の行列は寺の境内に入り、踊りを奉納しながら本堂の周囲を三周まわります。着飾った村人が老若男女みな踊り騒ぐ様子は、本当に素朴な村祭りという雰囲気です。男性がわざと身をくねらせて派手な踊りをすると、みながワーッと囃し立て一段と盛り上がるのです。

 ひとしきり騒いだあと、本堂で最後の儀式、カチナ衣献上が行なわれました。参列者全員が声をそろえ、無事に衣ができたので献上させてくださいと唱え、それに対し僧侶がOKを出します。今年は本尊が完成した年なので、ご本尊用の黄色い衣も献上しました。チーク材の本尊に衣が着せかけられて、すべての行事は終了しました。

 外に出てみると、地元のおばあさんたちが銀の器に寄進の品物を入れて待っていました。最後の献上儀式に参列したのは、実はほとんどが村人以外の客人だったのです。村の人たちは、客が帰ったあと静かに本堂で寄進と祈りを捧げるのでしょう。祭りの主人公である村人をさしおいて、外国人や都会の客が最前列で儀式に参加してとても申し訳なかったと思います。


縫取り織の裾模様を持つパーシン をはいて 寄進に来た村人。