タイに暮らして早23年、ずっとタイ族の染織に魅せられてきた。
藍染めの青、黒檀染めのこげ茶、蘇芳の赤紫など、
アジアの自然が染め出す色は多種多彩。
浮き織、縫い取り織、綾織、つづれ織、絣など
織りの手法も民族や地域によってさまざま。

共通しているのは、織布そのものを身にまとうこと。
「着る」という洋服感覚とは違って、
アジアの空気をふんわりと抱きながら、
肩にかけたり、腰に巻いたり、頭に巻いたり…。
からだと心にうんとやさしく、うんと自由に…。

たとえば女性の腰衣は、織り幅を筒のように縫い合わせるだけ。
スタイルがシンプルな分、なんとも美しいのが織りの表現。
すそ布に凝った縫取り織をするタイ・ユワン族の人たち。
腰まわりに一番派手な模様を織るタイ・ルー族の人たち。
黒や藍を基調とした頭巾や腰衣をまとうタイ・ダム族の人たち。
民族や出身地によって、腰衣のパターンや染織手法、
好みの色が違っていて、それはそれは興味がつきない。

中国雲南省、ラオス、ベトナム北西部、タイ、ビルマなど
東南アジア内陸にはその昔、タイ族のくにぐにが広がっていた。
そしてさまざまな先住民族とまじわり、
交易や婚姻、移住によって文化が変容していった。

国境は植民地化によって、引かれた地図上の線。
そんな国境を飛び越えて、織と布をもとめて東南アジアを旅してみよう。
それぞれの土地で、どんな民族が暮らしているのか。
どういう布が織られ、どのように使われてきたのか。
人の交流で染織文化がどのように継承され、変わっていったのか。

ときには村の市場でつまみ食い、ときには辺境の村祭りで踊り明かし…。
アジアの穏やかな風を感じながら、ゆら~りゆらりとマイペース、
織と布と人々の暮らしをたどる不思議探訪、さあ、ごいっしょに。
上の写真はラオス北部ムアン・フンで織られたパーシン(筒型スカート)の模様。この地域に住むタイプアンの人たちのもので織りの緻密さ、オレンジやグリーンの色合いを好むこと、地の経糸や紋織に絹を使用していることなどが特徴。白っぽく光るジグザグ模様は、「グアック」と呼ばれる竜あるいは大蛇(水の神)を象徴している。
「こんにちは、坂本茉莉です」(プロフィール)
アジア暮らしの振り出しは大学卒業後、スラムや難民キャンプ、農村における教育支援活動を行なう「シャンティ国際ボランティア会」バンコク事務所勤務でした。仕事で訪れた東北タイの絣布や北タイの民族衣装に魅せられて、「タイの染織」という講義が開設されたチェンマイ大学美術学部タイ美術学科の聴講生に。そのときの講師の一人、パトリシア・チーズマンさんの著書「ラーンナーの染織」を日本語に翻訳。その後、チェンマイ近郊にあるランプーン工業団地の日系企業に勤務。フリーランスの通訳・翻訳業、JICAシニアボランティア(都市計画・景観保全グループ・コーディネーター)を経て、現在はチェンマイ大学修士課程地域研究科2年在籍中。タイ族の染織文化をテーマに、フィールドワークで「ガイドブックには紹介されない東南アジア辺境」を旅しては、論文の準備に忙しい日々を送っています。
地図をクリックすると大きくなります


メーチェムの「ジュラカティン」
(カチナ衣献上祭)その1

 雨季明けの10月から11月にかけて、タイ全国で行われる仏教行事があります。同郷の者、知人友人とトラックや船を仕立てて、各地の寺にカチナ衣という特別の僧衣を献上する行事です。このカチナ衣献上をタイ語では「トート・カティン(カチナ衣を投げること、投衣)」と呼びます。献上者は目的地の寺にあらかじめ献上日を知らせ、全員で行列を作り太鼓をたたきながら寺に繰り込み、本堂の回りを歌い踊り献上祭を盛り上げます。

 チェンマイ市内から車で南西に約3時間半のところにある、チェンマイ県メーチェム郡の村で、2003年11月1日と2日に渡って行なわれたカチナ衣献上祭は特別なお祭りでした。この祭りは普通の「トート・カティン」と区別され、「ジュラカティン」と呼ばれています。


カチナ衣奉納が行なわれる本堂内。
聖なる糸が張りめぐらされている。
どこが特別かといえば、献上するための僧衣をすべて手作りで行なうということです。それだけでなく、僧衣にする布を織るために綿摘みからはじめ、綿繰り、綿紡ぎ、織り、染め、縫製までの全工程を24時間以内に終わらせて献上しなければなりません。村中の人が一致団結してその作業にあたり、またそれをバックアップし費用をまかなう有力者も必要です。また、祭りにやってくる親戚、友人、客人をもてなすために、宿泊先や食べ物などの準備も欠かせません。言うなれば、「ジュラカティン」は村あげての一大イベントなのです。

 「ジュラカティン」は通常三年間継続して行なわれるそうで、2003年はその最後の年にあたりました。全体のプロデュースは、当時タイの名門校タマサート大学芸術学部長であり、また染織文化研究家としても名高いパオトーン教授。彼はこの村に別荘を持っている縁で、村の伝統行事復興に力をそそいでいます。その他、チェンマイ県、あるいは地元の郡長や有力者がスポンサーとして名を連ねていました。

 初日の昼間から夕方にかけて、主に伝統文化の紹介やコンテストが行なわれました。この地方に伝わる縫取り織のコンテスト、伝統楽器や舞踊コンテスト、村に住む各民族(タイ・ユワン、カレン、ラワ族)ごとの女性民族衣装コンテストや男性の野良着コンテストまでありました。また、寺へ寄進する地区対抗寄進行列コンテストもあり、これは1等になると1万5千バーツ(約4万5千円)も賞金がもらえるそうです。


ラワ族の腰衣をはいて整経作業をする女性たち。


 私たちが祭り騒ぎに浮かれている一方、裏方の人々は着々とカチナ衣作りの準備を進めていました。翌日の昼前にカチナ衣を寄進するために、儀式の順番を先取りして綿を干し、綿繰り(綿の実から種を取る作業)や綿紡ぎをはじめているのです。儀式の進行上は、初日の夜中に綿摘みを行なうことになっていますが、実際は24時間前の初日の昼に準備が開始されていました。いずれにせよ、24時間以内に献上するという約束事はきちんと守られています。

 11月2日、夜中の零時09分、寺の本堂でカチナ衣献上宣誓式が行なわれ、白い衣装に身を包んだ未婚の少女7人を先頭に棉畑(わた畑)へ向かいます。ゆっくり奏でられる鐘と太鼓に合わせて、少女たちは静かに踊りながら進んでいきます。棉畑の前には大地の女神に捧げる供物が並び、読経と祈りが捧げられた後、少女たちは棉畑に入っていきました。綿の実が裂けて白い綿がぼんやり闇に浮かんでいる様子はどこか幻想的で、白い衣装をまとった少女たちは綿の妖精のようです。  

 そのとき急に、棉畑の一角をスポットライトが照らし出しました。綿の上で踊る大地の女神?!あまりの演出のうまさに茫然と立ち尽くし、周りの男性たちは白い衣装の乙女が身をくねらせて踊る姿に嘆息をもらしています。棉畑には仮設の小さなお立ち台が設けられていたのです。促されて、私もみなに続いて綿摘みに加わりました。三つに裂けた綿実の殻から少しはみ出した白い綿。白く咲く花のようです。指先でつまむと、思ったより簡単に殻からすうっとはずれました。綿は夜露を含んでしっとりと濡れていました。


髪に美しい花飾りをつけている村の女性。