タイに暮らして早23年、ずっとタイ族の染織に魅せられてきた。
藍染めの青、黒檀染めのこげ茶、蘇芳の赤紫など、
アジアの自然が染め出す色は多種多彩。
浮き織、縫い取り織、綾織、つづれ織、絣など
織りの手法も民族や地域によってさまざま。

共通しているのは、織布そのものを身にまとうこと。
「着る」という洋服感覚とは違って、
アジアの空気をふんわりと抱きながら、
肩にかけたり、腰に巻いたり、頭に巻いたり…。
からだと心にうんとやさしく、うんと自由に…。

たとえば女性の腰衣は、織り幅を筒のように縫い合わせるだけ。
スタイルがシンプルな分、なんとも美しいのが織りの表現。
すそ布に凝った縫取り織をするタイ・ユワン族の人たち。
腰まわりに一番派手な模様を織るタイ・ルー族の人たち。
黒や藍を基調とした頭巾や腰衣をまとうタイ・ダム族の人たち。
民族や出身地によって、腰衣のパターンや染織手法、
好みの色が違っていて、それはそれは興味がつきない。

中国雲南省、ラオス、ベトナム北西部、タイ、ビルマなど
東南アジア内陸にはその昔、タイ族のくにぐにが広がっていた。
そしてさまざまな先住民族とまじわり、
交易や婚姻、移住によって文化が変容していった。

国境は植民地化によって、引かれた地図上の線。
そんな国境を飛び越えて、織と布をもとめて東南アジアを旅してみよう。
それぞれの土地で、どんな民族が暮らしているのか。
どういう布が織られ、どのように使われてきたのか。
人の交流で染織文化がどのように継承され、変わっていったのか。

ときには村の市場でつまみ食い、ときには辺境の村祭りで踊り明かし…。
アジアの穏やかな風を感じながら、ゆら~りゆらりとマイペース、
織と布と人々の暮らしをたどる不思議探訪、さあ、ごいっしょに。
上の写真はラオス北部ムアン・フンで織られたパーシン(筒型スカート)の模様。この地域に住むタイプアンの人たちのもので織りの緻密さ、オレンジやグリーンの色合いを好むこと、地の経糸や紋織に絹を使用していることなどが特徴。白っぽく光るジグザグ模様は、「グアック」と呼ばれる竜あるいは大蛇(水の神)を象徴している。
「こんにちは、坂本茉莉です」(プロフィール)
アジア暮らしの振り出しは大学卒業後、スラムや難民キャンプ、農村における教育支援活動を行なう「シャンティ国際ボランティア会」バンコク事務所勤務でした。仕事で訪れた東北タイの絣布や北タイの民族衣装に魅せられて、「タイの染織」という講義が開設されたチェンマイ大学美術学部タイ美術学科の聴講生に。そのときの講師の一人、パトリシア・チーズマンさんの著書「ラーンナーの染織」を日本語に翻訳。その後、チェンマイ近郊にあるランプーン工業団地の日系企業に勤務。フリーランスの通訳・翻訳業、JICAシニアボランティア(都市計画・景観保全グループ・コーディネーター)を経て、現在はチェンマイ大学修士課程地域研究科2年在籍中。タイ族の染織文化をテーマに、フィールドワークで「ガイドブックには紹介されない東南アジア辺境」を旅しては、論文の準備に忙しい日々を送っています。
地図をクリックすると大きくなります


第 5 話 ラオス北部の旅―染織と人々の暮らし5
黒タイ族の糸紡ぎ

トラックバスを乗り継いで、ラオス北西部を旅し、
伝統衣装や染織を訪ねてまわっている。
メコン川沿いの町、フエイサーイから七時間かけて
ルアンナームターにやって来た。
さらにルアンナームターから北へバスで二時間半、
ムアンシンという町に到着した。
ここでは村で糸紡ぎをする、黒タイ族の人々に出会った。
かつて交易で栄えた町、路上で布を売る黒タイ族
今回の約二週間の旅では、ラオス北西部のルアンナームターを中心に、 中国国境付近の村々を訪れた。その中でも特に印象に残っているのは、 ムアンシンの町の風情あるたたずまいだ。かつてここには王宮があり、 城門や城壁が巡らされ、雲南やベトナム国境のタイ族との交易で栄えていたらしい。 そんな歴史は、昔のチェンマイをほうふつとさせる。町外れの橋の近くには、 タイ・ルー族の寺院と仏塔があり、町には黒タイ族の姿が目立つ。 頭頂部にまげを結い、蝶の銀ボタンをつけた上着を着ているのですぐ分かる。 毎朝市場に行く途中で、数人の黒タイの女性と仲良くなった。



彼女たちは、市場近くの路上で、観光客向けに黒タイ族の布を売っている。 色とりどりの織りや刺繍の頭巾、藍染の上着、中にはモン族の刺繍まであった。 昼過ぎに帰宅するというので、歩いて十分足らずのその村に遊びに行くことにした。
昼下がりの村で、女たちは淡々と糸を繰る
暑い昼下がりの村。みな昼寝の真最中かと思ったが、 女性たちは家の軒先や木陰で手作業に精を出している。



木綿布を織るための糸紡ぎである。簡単な足踏み式の道具で、 子供をおぶったまま綿の種を取る少女。軒先に綿を広げ干している女性。 綿打をして糸繰り機にかけ紡ぐ人。それぞれ急ぐわけでもなく、 しかし休むことなく淡々と手を動かしている まるで体の一部が勝手に動いているかのように、自然に作業が続けられる。 その合間に喧嘩している子どもを叱ったり、突然訪れた私に水を出してくれたりする。 こうやって紡いだ自家製の綿糸を使って、白地に伝統的な馬や鳥の浮織模様の寝具、 吉祥文様の肩掛けを織る。
村でお土産にもらった、お古の藍染ズボン
一軒の家におじゃまして、生成り木綿に赤と黒で浮織をほどこした寝具や、 藍染の頭巾を見せてもらった。そのとき、 なぜか一緒に出してきた藍染のズボンに目を奪われてしまった。 その家の娘さんに聞いてみると、自分の父の着古したズボンだという。 確かに少し色褪せているが、生地がしっかりしているので傷みが少ない。 それにしてもずいぶん小柄なお父さんだ。あまり私がほめるものだから、 お土産にくれると言い出した。丁重に辞退したが、ぜひにと勧めるのでついもらって来てしまった。 かなり着古された藍染ズボンは、何度洗濯しても色落ちしない。 ゆったりしたタイ族独特の直線裁ちズボン。今でも部屋着として愛用している。
 
(「バンコク週報」2003年掲載の記事より)