タイに暮らして早23年、ずっとタイ族の染織に魅せられてきた。
藍染めの青、黒檀染めのこげ茶、蘇芳の赤紫など、
アジアの自然が染め出す色は多種多彩。
浮き織、縫い取り織、綾織、つづれ織、絣など
織りの手法も民族や地域によってさまざま。

共通しているのは、織布そのものを身にまとうこと。
「着る」という洋服感覚とは違って、
アジアの空気をふんわりと抱きながら、
肩にかけたり、腰に巻いたり、頭に巻いたり…。
からだと心にうんとやさしく、うんと自由に…。

たとえば女性の腰衣は、織り幅を筒のように縫い合わせるだけ。
スタイルがシンプルな分、なんとも美しいのが織りの表現。
すそ布に凝った縫取り織をするタイ・ユワン族の人たち。
腰まわりに一番派手な模様を織るタイ・ルー族の人たち。
黒や藍を基調とした頭巾や腰衣をまとうタイ・ダム族の人たち。
民族や出身地によって、腰衣のパターンや染織手法、
好みの色が違っていて、それはそれは興味がつきない。

中国雲南省、ラオス、ベトナム北西部、タイ、ビルマなど
東南アジア内陸にはその昔、タイ族のくにぐにが広がっていた。
そしてさまざまな先住民族とまじわり、
交易や婚姻、移住によって文化が変容していった。

国境は植民地化によって、引かれた地図上の線。
そんな国境を飛び越えて、織と布をもとめて東南アジアを旅してみよう。
それぞれの土地で、どんな民族が暮らしているのか。
どういう布が織られ、どのように使われてきたのか。
人の交流で染織文化がどのように継承され、変わっていったのか。

ときには村の市場でつまみ食い、ときには辺境の村祭りで踊り明かし…。
アジアの穏やかな風を感じながら、ゆら~りゆらりとマイペース、
織と布と人々の暮らしをたどる不思議探訪、さあ、ごいっしょに。
上の写真はラオス北部ムアン・フンで織られたパーシン(筒型スカート)の模様。この地域に住むタイプアンの人たちのもので織りの緻密さ、オレンジやグリーンの色合いを好むこと、地の経糸や紋織に絹を使用していることなどが特徴。白っぽく光るジグザグ模様は、「グアック」と呼ばれる竜あるいは大蛇(水の神)を象徴している。
「こんにちは、坂本茉莉です」(プロフィール)
アジア暮らしの振り出しは大学卒業後、スラムや難民キャンプ、農村における教育支援活動を行なう「シャンティ国際ボランティア会」バンコク事務所勤務でした。仕事で訪れた東北タイの絣布や北タイの民族衣装に魅せられて、「タイの染織」という講義が開設されたチェンマイ大学美術学部タイ美術学科の聴講生に。そのときの講師の一人、パトリシア・チーズマンさんの著書「ラーンナーの染織」を日本語に翻訳。その後、チェンマイ近郊にあるランプーン工業団地の日系企業に勤務。フリーランスの通訳・翻訳業、JICAシニアボランティア(都市計画・景観保全グループ・コーディネーター)を経て、現在はチェンマイ大学修士課程地域研究科2年在籍中。タイ族の染織文化をテーマに、フィールドワークで「ガイドブックには紹介されない東南アジア辺境」を旅しては、論文の準備に忙しい日々を送っています。
地図をクリックすると大きくなります


第 1 話 〜ラオス北部、懐かしの旅①〜
「ランテン族の藍染と山の民アカ族の暮らし」

ラオス北西部、中国国境に近いルアンナームターの町を
7年ほど前に訪れたことがある。
町の周辺には、タイ族のほか様々な少数民族の村が点在していた。
民族ごとに独特の伝統衣装を身につけ、
その衣装のほとんどは手作業による染織品だ。
日本ではすでに希少価値となってしまった、
手織りや本藍染の布を“日常着”にしている民族もいた。
『アジアの染め織り、ゆら~り探訪記』はまず手始めに
私が以前訪れた、懐かしい染織の旅を紐解くことから始めよう。
少数民族の手仕事による染織文化が経済の波に飲み込まれ、
消え去っていかないことをせつに祈りつつ…。
( *なお写真は古く解像度の低いものしか手元に残っていないので、その点はどうぞご了承ください。)
ルアンナームター、「ランテン族」の手工芸品
 チェンマイからチェンコーン経由でメコン川を渡り、ラオス側の国境の町フエイサーイへ。そこからまたトラックバスに揺られて7時間。山の向こうに続く舗装道路は、中国国境まで伸びている。
ルアンナームターのバス発着場に隣接する市場周辺で、背負い籠に薪を入れて、重そうに腰を曲げて歩く女性や子供の一団を何組も見かけた。藍染生地の丈の長い上衣と短いズボンを身につけ、足には脚半のような布を巻いている。地元の人に聞くと「ラーオ・フエイ(谷川のラーオ)」というが、自称は「ランテン族」だ。

町の土産物店には、ランテン族のおもしろい工芸品があった。儀式や祭りのときに履く布靴は、鮮やかな色糸で細かい刺繍がほどこされ、中国の纏足のように小さい。
ユーモラスな木のお面もあった。目の部分がくり抜いてあって口は半開き、頭にはとがった角がはえている。祭司がこれをかぶって儀礼を行うらしい。 
 もう一つは漢字で書かれた巻物のような小冊子。竹の繊維で作った手漉き紙に、墨筆と思われる漢字がびっしり書かれている。宗教儀式に使う経典とランテン族の民話や説話を記したものらしい。
藍染の村、バーン・ナームルーへ
 ランテン族の藍染の様子が見られるかもしれないと聞いて、ルアンナームターから約一時間の郊外の村を目指した。チャーターしたトラックをおりて、橋のない小川を裸足で渡るとその先がランテン族の村、バーン・ナームルーだった。村の入り口には、漢字で書いた看板がある。全部は分からないが、「男女、長寿、万歳」などという言葉が連なっていた。

 村の中に入っていくと、さっそく前方に藍染の布が見えた。黒に近い濃い藍色。長さ4ワー(約8メートル)の木綿布が竹の棒の上に広げて干され、波打っているように見える。

 ランテン族の村では、糸染めでなく織布を藍染にしている。印度藍の葉を甕で発酵させて作った染料(蒅(すくも))を使って、同じ布を7回から10回染め、その後濃い藍色を定着させるため、さらに赤い天然染料で染めを行う。1回染める度に近くの川で布の水洗いをしてから、また次の染め工程に移る。濃い藍の色を出そうとすればするほど、大変な手間がかかる。
 タイでは、出来合いの藍の染料が売られているが、この山間の村にそんなものはない。

家々の軒先や土間には藍の甕が据えられ、かたわらには染め上がったばかりの布が無造作に置かれていた。藍甕を覗くと、表面に「藍の華」と呼ばれる浅葱色の泡が見られた。染料が生きて呼吸している証拠だという。


白い脚はんを巻き、濃い藍染の上着を着たランテン族の女性。
手織り、藍染めの衣装が彼女たちの日常着。


一軒の家の中を見せてもらうと、白い木綿布が機にかけられていた。村の中で綿を栽培し、女性たちが綿糸を紡ぐ。手紡ぎの糸は少し不揃いだが、ざっくりとした感触の布に自然のぬくもりを感じた。
この自家製の布で、女性たちは、家族のための衣服を仕立てていく。さらし木綿の脚半、作務衣のような形に仕立てた膝丈の藍染上衣、それに丈の短い藍染ズボン。直線裁ちの衣服は、どれも懐かしい日本の野良着スタイルだった。

最近、この藍染の布が、観光客目当ての町の土産物店でよく売れているらしい。値段を聞いてみると、10回染めの黒に近い藍木綿布が1巻約1200円。単純に比較はできないが、教師の月給が2500円ぐらいなので、これはかなりの現金収入になる。村の女性たちは頑として値段を下げない。手作業の価値を伝えるには、この位強気の方が頼もしい。


ランテン族の女性が織った藍染の反物。

 男たちは山間の田で農作業、女性たちは家を守って手工芸に精を出す1日。この村にはゆるやかな時間の流れと共に、外の世界に翻弄されないしたたかさがあった。(第2回につづく)
 
(「バンコク週報」2003年掲載の記事より)