写真はクリックすると大きくなります。

象と人

象さん、象さん、本当に大きい。そばに寄ると、ちょっとさわりたくなる。 象さんも、興味があると、鼻を伸ばしてくる。 象が外の情報をキャッチするために鼻を使います。 およそ鼻で60%の情報を得るそうです。 その鼻で本当に何でも出来る。水を飲む、ものをつかむ、さらに小枝をつかんでお腹をかいたり、その行動を見ていて驚きます。
そのアジアゾウもこの100年で激減しており、タイでも100年前は推測で10万頭以上はいたとされていますが、現在は3000から5000頭と言われています。象と人これからどのように共存していくのか、しっかりと考える時期が来ました。

11/26,2009



前へ    ホームへ    友だちに知らせる