「日本食」

バンコクからチェンマイに戻ってきたらほっとします。
コンクリートより木々に囲まれて、鳥のさえずりが聞こえて
いる環境の方が落ち着きますね。
チェンマイに暮らして14年ですからね。
なれ親しんだ環境が暮らしやすいですよ。

本格的な雨季になって、蛍も飛んでます。
夜になると明かりがちらほらと見えるんです。

さて、バンコクで日本食コンテストを撮影して
きました。タイの若者5名が規定作品3品とオリジナル作品1品で
競うんです。

タイでも日本食はかなりポピュラーと言えます。
ショッピングセンターに行けば日本食レストランが
幅をきかしています。
しかし、その日本食もタイ風にアレンジしてあったりして
純日本とはいかない。タイの人に食べていただくわけですからね。

昨日もオリジナル作品を僕も試食しましたが、幾つかはこれは
全く日本食ではない、タイ風にアレンジしているですが
なんとも奇妙は味になっています。日本出汁プラスタイの唐辛子
です。これは僕には合わない。

ところで日本食とはなんですかね。
何が基準になっているのか。
素材の美味さを醤油、みりん、酢、お酒、塩、山椒などで
味付けしたもの?

長い歴史の中で日本食が作られてきたのですが、

やはり、醤油、みりん、塩、酢、が味のベースを
決めるののですかね。

ちょっと調べてみます。

訪問感謝。

奥野安彦










Whats New @
リンピンスーパーマーケット
 朝山実の「これ、読んだ」
 朝山実の「いつも本の中に、、」
小中高生のための
タイ、チェンマイ英語留学案内
夜逃げでチェンマイ
19歳、アメリカ大学生活日記、(チェンマイ/インターナショナルスクール出身)
奥野安彦の「あの日このとき」
ソップモエアーツ物語
ももねこ家族のチェンマイ日和
チェンマイ大学で学ぶ坂本茉莉の
「アジアの染め織り、ゆら~り探訪記」
タイの自然、名所、祭を美しい映像で! 「いいタイ・チューブ」(不定期更新)

 

庭の花シリーズ。
僕のお気に入りの花です。名前がわからない。調べておきます。

わかりました。ランタナと言います。


チェンマイ現地情報

ソップモエアーツ

19歳、アメリカ大学生活日記、
(チェンマイ/インターナショナルスクール出身)

家族は運命共同体。あみ16歳。38カ国の学生たちが英語で学ぶ、チェンマイ・スクールライフの日々を気取らない感性で綴ります。

佐保美恵子の連載ノンフィクション
「夜逃げでチェンマイ」(木曜日更新)

日本を脱出し、タイに新天地を求めた写真家と
ライター夫婦+子ども2人。4人家族がチェン
マイに辿り着くまでの夢と涙と笑いの物語。

心、ほんわかしてきます(土曜日更新)
「ももねこ家族のチェンマイ日和」

チェンマイ在住13年、猫を描く日本人アーティスト、モモさん。野性的なタイ人の夫と子どもたちとのおかしな日常を漫画で描きます。

ソップモエアーツ物語(テキスタイルと工芸品の話) (火曜日更新)

面白いと思ったら止まらない佐保と奥野が ソップモエアーツのテキスタイルと竹かご に魅せられて、その製品の裏側にある物語を お伝えします。なにやら某国の王室もソップモエの 郷がお気に入りとか、その話は連載で、、、、、。

対談シリーズ
「アジアに生きる女たち」

アジアで自分らしい生き方を実現した女性たちを、ライターの佐保美恵子がお迎えして本音を聞くシリーズ。第1回目は名取美和さんです。

ひろみさんのチェンマイ発
「おいしい世界へ、ハイ、どうぞ!」、
(毎月第2、第4土曜日更新)

チェンマイ発の美味しい料理を味わってください。 料理人・ルアンクナロム・ひろみさんの世界を 楽しんでください。心も体もうれしくなりますよ!

タイの自然、名所、祭を美しい映像で!
「いいタイ・チューブ」(不定期更新)

タイの美しい自然、祭、懐かしい風景の数々をビデオクリップでご紹介。映像制作は奥野安彦が運営する制作会社K.M.Tomyam Co.,Ltd.です。

朝山実の「という本の話。」
(木曜日更新)

ライター朝山実が選ぶ本の話。どんな本が選ばれるか、 それは朝山さんと本の出会い次第。ちょっとおかしくて、 ちょっとほっとする本の話。
Copyright © 2008 - 2018 K.M. Tomyam Co.,Ltd. All Rights Reserved.
6/24 Sun